TEL

自転車事故

自転車事故による治療は、八王子・大和田町のきたの整骨院へ

小さい子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層で利用されている自転車ですが、多くの自転車事故がおきているという現実があります。

傘さし運転や電話をしながらの片手運転など、不安定な乗り方をしていたり、スピードの出し過ぎや無理な追い越しなどのマナー違反や、ちょっとした不注意からでも自転車事故はおこります。

自転車事故の怪我として多いのが骨折、捻挫、打撲、むち打ちなどです。自転車事故は自動車事故と異なり、車体が体を守ってくれるということはありません。そのため体がそのまま地面に打ち付けられてしまうこともあり、衝撃が大きくなりやすいです。またヘルメットなどを着用していないケースも多いため、打ちどころが悪いと生死に関わる怪我を引き起こしてしまうこともあります。

自転車事故にあった場合、ケガの状態にもよりますが、ケガをしたときはきちんと治療することをおススメします。

八王子・大和田町のきたの整骨院では、自転車事故による怪我の治療も行っています。ケガの状態、事故の状態を最初にしっかり伺い、症状にあわせた施術をしています。自転車事故にあったときは、きたの整骨院にご相談ください。

 

自転車の賠償保険に入っていますか?

自身の障害保険も必要ですが、自転車に乗るなら「賠償保険」に入りましょう。近年、自転車に乗っていてちょっとした不注意から相手に大けがをさせた、死亡させたというニュースもきかれます。数千万円といった高額の賠償が必要になることもありますので、自転車に乗る家族がいる場合は必ず全員入っておきましょう。

 

自転車にぶつけられて怪我をしたときは、警察に届けましょう!

自転車に乗っていて、自分で転んでしまった・・・というときは、自分の判断で病院に行くなり、自分で処置するなりすることですみますが、「ぶつけられた」もしくは「ぶつけた」ということであれば話は変わります。

もし軽い怪我ですめば問題ないとすることもできますが、ひどい怪我をしてしまったら、きちんと相手に補償してもらうことも考えましょう。その場合には警察に届をだすことが必要となってきます。事故の相手の名前や連絡先を確認すること、事故後すぐに警察を呼んで検証をしてもらうことが必要です。

 

自転車事故のケガは、保険が使えるかどうかを確認しましょう!

車の場合は、事故にあったときのために、必ず保険に入ることが必要となってきますが、自転車の場合は保険の加入は義務ではありません。任意で保険に加入している人もいれば、そうでない人もいます。被害者になっても何も補償してもらえない・・というのでは困りますよね。

自転車事故の保険に入っていたとしても、車の任意保険と違って、自転車の保険の内容やしくみは様々です。自分の入っている保険、相手の入っている保険をしっかり確認しましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日