MENU TEL

むち打ち

後遺症としてよくあるむち打ちの治療は八王子・大和田町・暁町近くのきたの整骨院へ

八王子市のきたの整骨院のむち打ち治療の特徴

「むち打ち」は交通事故の後遺症の中で最も多い症状です!自覚症状がなくても病院へ!

交通事故で首に衝撃を受けたら、痛みや違和感がある場合はもちろん、自覚症状がない場合でもすぐに整形外科に行ってください。これを怠ると、あとで痛みが出たときの対応や、後遺症に大きくかかわってきます。 事故直後に痛くなくても病院に行くことをお勧めするのには理由があります。

①交通事故の痛みは、痛みがでるまでタイムラグがあることが多い
むち打ちは、事故直後はあまり痛みがなくても、数時間後~1週間後に徐々に症状があらわれてきやすいです。 痛みが出てくるのを待たずに、まずは検査を受けておきましょう。

②事故直後は、興奮状態であるために痛みに気づきにくい
交通事故にかかわらず、痛めた直後は興奮状態で痛みを感じないことがあります。 落ち着いて一息ついたところで急に痛みを感じることは、日常でもよくあることです。

③むち打ち以外の症状の可能性もある 内出血など、目に見えないところで体に損傷を受けている可能性もあります。
自己判断しないで、きちんと検査することが、安心につながります。 レントゲンをとって異常なしと言われても、首まわりの痛み・頭痛・肩や背中の痛み・手のしびれなどが続くときは、八王子市のきたの整骨院にご相談ください。こういった症状がみられるときは、むち打ちが原因となっていることが考えられます。

「むち打ち」は、事故直後の対応が早期回復へのカギです!

交通事故の直後は、とにかく安静にすることが大切です。 痛みを確かめるのに首を大きく動かしたり、痛いからといって首をマッサージしたり温めるのは危険です。 病院に行くときちんと指導していただけるとは思いますが、知らないで症状を悪化させるケースもありますので、ご注意ください。

①首は極力動かさない。 
首周りの筋肉や靭帯に多かれ少なかれ損傷がおこっていると考えられます。首を動かすことでそれを悪化させてしまうので、安易に首を動かさないことが大切です。痛みを確かめる動作をしがちですが、極力控えましょう。

②首のマッサージはしない
①と同様、症状を悪化させます。 患部には直接刺激を与えないようにしましょう。

③首は温めないで冷やす
むち打ちは、首が炎症を起こしている状態です。炎症は温めると広がり、冷やすと落ち着いていきます。湿布等で冷やすことをお勧めします。 ④痛みがひどいときは痛み止めの薬を飲む 痛みが薬でおさまるのであれば、薬はとても有効です。ただし、痛みを感じなくしているだけで、痛みの原因を取り除いているだけなので、痛みが治まったからといって無理をしないよう注意しましょう。

「むち打ち」は、きたの整骨院へ

むち打ちの程度は、事故の度合いと必ずしも一致するわけではありません。レントゲンやMRIで検査をしても悪いところが見つかりにくいのもむちうちの特徴のひとつです。 そのため、病院で異常なしと言われても念のために安静にしてしばらく様子をみるのも大切です。「これは疲れ?」「肩こり?」と思うようなちょっとした違和感でも、そこから徐々に症状が強くなるケースもあります。事故前と明らかに違う症状が何かしらでもあるときは、交通事故による影響と考えられます。

「もしかしてむち打ち?」と感じるなど、少しでも事故前と違った症状がみられるときは八王子・大和田町のきたの整骨院へご相談ください。 むち打ちの症状が出た場合でも、整形外科などの病院では痛み止めや湿布を処方されるだけで、根本的な治療を行ってもらえないということもあります。 外見で判断できるものでもないので、「元気そうじゃない?」「本当に痛いの?」と周囲から言われ、つらさを理解していただけないといったストレスを感じたり、不安感を感じる方も少なくありません。

きたの整骨院では、多くの交通事故患者さまを診てきた経験から、ひとつひとつお話を伺いながら一緒に回復へのお手伝いをしていきます。

「むち打ち」の症状は、様々です!

むち打ちでよくみられる症状は、頸部やその周辺の痛み、上半身の重だるさなどです。症状がひどい場合は、首がしめつけられるような痛みや頭痛や吐き気、手足のしびれなどがでてしまうこともあります。 天候の影響(気圧やの温度の変化)で症状がひどくなったり、朝や夕方に痛みがひどくなったり、少し落ち着いたと思った症状がまたひどくなったり、普通の捻挫よりも症状が長く続いてしまいがちといったこともみられます。

痛みやだるさで、疲労感や不安感・無気力感がでてくるなど、精神的にもつらいということを訴えられることがあります。 むち打ちを治していくのは簡単なことではありませんが、だからといってむち打ちの症状をそのままほったらかしにしてしまうと、ますます痛みは悪化し、半永久的にむち打ちの痛みとともに生活しなければならなくなるということもあります。きたの整骨院では、通院のたびにおひとりおひとりのお話をじっくり伺い、症状に合わせて電療や手技によって痛みをやわらげ、自宅で気を付けることなどをアドバイスすることで、回復をより早めるよう応援していきます。

 「むち打ち」は、時間がたってからでてくる症状にご注意ください!

むち打ちは、交通事故に遭ってすぐには症状が現れないこともあります。2~3日たって時間が経過してから痛みが徐々に出てくることもありますので、それが事故の影響と気づかない方もいらっしゃるほどです。 交通事故に遭った場合には、事故直後はなんともなくても何かしら事故前とは違った症状がでてきたら、それはむち打ちかもしれません。しばらくすればよくなるだろうから大丈夫・・・と自己判断はしないで、きちんと診察・治療を受けましょう。

その判断が、その後の人生に影響するほどのものになるかもしれません。

きたの整骨院が、安心してご通院していただける院である理由

きたの整骨院では、交通事故によるむち打ちなどの後遺症に関する相談は時間外でも受け付けております。もちろん、むち打ち以外の交通事故のことについても、お気軽にご相談ください。

①国家資格保持者が施術・相談をお受けします。
国家資格である「柔道整復師」は、体のしくみについてしっかりとした教育を受けていますので、自賠責保険で施術費用の支払いが認められているので安心です。

②多くの交通事故の患者さまを診てきた経験があります。
様々な症例・事故のケースをみてきましたので、それぞれの患者さまに応じた対応をすること、かつアドバイスをすることで早期回復をめざせます。

③待ち時間が短く、丁寧な施術をします。
予約制をとっているのでお待たせしません。仕事等で前日に予約ができない方は、当日にご案内することも可能 です。病院で待ち時間が長いのがつらいという方に喜ばれています。

④通院間隔をあけずに、施術できます。
通常夜19時までの受付ですが、どうしても間に合わない場合は夜21時まで受け付けます。お仕事で帰りに寄りたいが遅くなるという方は、あらかじめご相談いただければ大丈夫です。

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日