MENU TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛の時は、冷やすの? 温めるの?

腰痛の時は、冷やすの? 温めるの?

2016.05.08 | Category: 腰痛

「5月は紫外線が一番多い月」と私は思いこんでいたのですが

さっき気象庁のHPを確認してみたら

「紫外線は 7.8月の方が多い」と書いてありました。

何事も、確認することが大切ですね。

 

八王子の きたの整骨院 きたの整体指圧院 です。

今日も夏日。

今年に入って初めて 冷やけどめを使いました。

これから、紫外線に気をつけないといけない時期ですね。

 

さて、今回のテーマは「腰痛」

 

腰が痛くなったとき、温めた方がいいと思いますか?

     それとも、冷やした方がいいと思いますか?

 

正解は、「腰痛のケース・症状による」 です。

 

「ぎっくり腰」 のブログの中でも触れましたが

ぎっくり腰のような 急性の症状のときは冷やす

筋肉が硬くなって痛くなっている 慢性の症状のときは温める

というのが 一般的な考え方です。

 

急性の症状のときは、筋肉が炎症を起こしています。

炎症を抑えるためには 冷やすことが大切です。

 

慢性の腰痛で、筋肉が硬くなっているときは

温める方がいいです。

血行がよくなるので 筋肉がほぐれるからです。

 

腰痛の原因がわかっていれば、単純なことなのですが

「冷やす」「温める」の理由をわかっていないと

どっちがいいの・・・? となりますよね。

 

実際、間違った対応をして

症状がひどくなって来院される患者さまも少なくありません。

 

この「冷やす」「温める」の対応を間違えると

症状をひどくしたり長引かせたりすることにつながるので

 あれ、どっちだったっけ?

と悩むときは、自己判断するよりは☎で相談してください。

 

きたの整骨院 きたの整体指圧院では

そんなちょっとしたご相談も受け付けていますので

お気軽にご質問ください!

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日