MENU TEL

スポーツ障害

スポーツ障害なら八王子・大和田町・暁町近くのきたの整骨院 きたの整体指圧院まで

 

スポーツ障害は、その名の通りスポーツ(運動)をすることによって発生する障害や外傷の総称です。


スポーツ外傷は、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。

 

スポーツ障害は、長期的に同じスポーツを続けることで、身体の一定の部位を使いすぎて発生してしまう障害で、使いすぎ症候群とも言われています。筋肉や靭帯の炎症や疲労骨折などがおこります。急激に痛くなるというよりは、徐々に痛くなり慢性的に症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛みですみますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。したがって、初期の段階で正しい処置をすることが、最も大切になります。

 

無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなってしまったり、手術等までいってしまい、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまうケースもありますので、早めの診察をお勧めいたします。

 

患者様の中には「試合前だから練習を休めない」「必ず試合に出させてほしい」など、スポーツ障害を負っているのにも関わらず、安静に出来ない場合もあります。そんな患者様の為にきたの整骨院 きたの整体指圧院では、症状の度合いにもよりますが、場合によっては話し合いながら無理のないようにテーピングを施し、負担を最小限に抑えて試合に出場するための手助けをすることもあります。

 

スポーツ障害の中でも成長期のお子様に注意していただきたいのが、オスグット病です。名前だけは聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、成長期の小学生から高校生くらい方に発生する膝の疾患です。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が付着部分の脛骨粗面(膝の下)を引っ張ってしまい、炎症を起こしてしまうことによって発生します。

 

八王子・大和田町・暁町近くのきたの整骨院 きたの整体指圧院は手技療法・物理療法・運動療法を組み合わせ、症状を軽減させていきますので、是非一度ご来院下さい。

 

スポーツの種類によっても、怪我や故障をしやすい体の部位は異なるため、各スポーツにあわせた身体のメンテナンスや注意すべきことのアドバイスなども行っています。

症例

症例1: 10歳 男性 小学生

◆症状:

野球の練習をしていたら、股関節が痛くなった。最初はしばらく休むとよくなったが、だんだん痛くなって休んでも痛みがとれなくなった。

◆治療経過:

全身のバランスをみるとかなりくずれていたので、全身をほぐして骨盤を矯正すると痛みがとれた。

投球フォームをみると、全身を使いきれていないのでその点を指摘。練習前後のストレッチもきちんとするようアドバイス。

◆本人の感想

痛かったのがとれてうれしいです。

 

症例2: 18歳 男性 高校生

◆症状:  

サッカーの練習中、足を捻って捻挫。歩くのもつらく、足をひきづりながら来院。

◆治療経過:

初診時は電気治療で炎症をとり、湿布を貼ってテーピングで固定。翌日にはだいぶ足がつけるようになった。

数回の電療とマッサージで痛みをおさえ、痛い足をかばって歩いたためにバランスのくずれていた骨盤も矯正することで、早期に回復した。

◆本人の感想

  サッカーをやっていて捻挫をすることがよくありますが、ここにくるとびっくりするくらい治りが早くて助かります。

 

症例: 51歳 女性 保育士

◆症状: 

趣味でバレーボールをやっていて、練習がハードになると腰や股関節が痛くなる。

◆治療経過:

バレーボールでは利き手を使うことが多く、体重のかけ方も同じ動きをすることが多いため、全身のバランスがくずれている。整体にてバランスを整えると痛みはやわらいでくる。

スポーツで同じ動きをするのは仕方のないことなので、練習中には逆の動きをしてみるとか、ちょっとバランスがおかしいなと思ったら早めに施術するとかしましょうとアドバイス。

◆本人の感想

だんだん、バランスが崩れているのがわかるようになりました。そういう時は、早めに予約するようにしています。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日