ブログ

頭・肩・腰の痛み 不調

腰が痛いときに、腰を反らしちゃダメ!?

腰が痛くなった時

つい、腰に手をあってて後ろに反らす

という動作をしていませんか?

ちょっとまって!

それは、あなたの腰にとって

いい場合もあれば、そうでない場合も

あるんですよ。

 

そもそも、腰痛ですが

腰m割の筋肉や関節が

衰えたりこわばってりして

柔軟性が失われ、その状態で

無理な動きが加わってさらに痛くなる

というのが主な状態です。

 

状態としてはいろいろあって・・・

筋肉の使い過ぎ

いわゆる「筋肉痛:で

同じ筋肉を酷使しているために

炎症がおきるケースです。

運送業など肉体労働が多いとか

同じ姿勢を続けるデスクワーク

スポーツでもありがちです。

これは、筋肉をほぐしたりストレッチして

柔らかくすれば大丈夫。

 

椎間板(前かがみ)の問題

背骨の骨と骨の間にある椎間板が

圧迫されているケースです。

椎間板もともと椎間板は

背骨の間にクッションの役目をしていますが

その前側に炎症がおきているケースです。

筋肉を動かすよりは

炎症のおきない姿勢をとることが

大事になってきます。

前かがみが続いて

背筋が弱くなったりするとおこりがちなので

注意しましょう。

 

③椎間板(反り腰)の問題

こちらは逆に、腰を反らせすぎのときに

おこります。

太っていたり、お腹が大きかったり

子どもをずっと抱いていたりすると

なりがちな状態です。

時に、反り腰はいつも後ろに反っているので

痛くて腰を反ると

さらに痛くなってしまいます。

 

仙腸関節(お尻周辺)の問題

仙腸関節は、腰というよりお尻なのですが

骨盤のゆがみなどから

炎症がおこります。

この炎症は、ひどくなるとかなり痛くなるので

痛くなったらまず冷やして

安静にすることが大事です。

 

腰痛を予防するには、

ストレッチが有効なのですが

やり方を間違えてしまうと

状態を悪化させてしまいます。

例えば、先ほどあげたように

反り腰の人が腰を反らすストレッチをすると

さらに痛みを悪化させます。

 

自己流でストレッチや運動をして

痛くなってしまったら

早めにやめましょう。

たぶん、それはあなたにとって

まちがった方法だと思ってください。

 

きちんとからだの状態にあった

ストレッチや筋トレをするために

一度専門家の意見をきいてみるのも

いいと思いますよ。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだの痛み・不調を、根本から
改善するお手伝いをしています。

きたの整体指圧院 きたの整骨院

〒102-0045
東京都八王子市大和田町 7-6-43
℡ 042-644-8908

HP  https://kitano-seitai.com
Line @zvf1357v
Instagram kitano.seitai  (きたの整体)
masako-toyabe (妊活)

頭痛・肩こり・腰痛、交通事故・むち打ち、
産後の骨盤矯正・妊活・不妊整体、
エアナジーー・ファスティング
ダイエット・デトックス

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

Copyright© きたの整骨院・きたの整体指圧院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.