ブログ

妊活

日本の不妊治療の現状をご存知ですか?

実は、日本は世界でもトップレベルの数の

不妊治療が行われています。

それでもなお、

不妊治療がいっこうに減らないのは

どうしてなのでしょうか?

疑問

 

実は、日本の不妊治療における懐妊率は、

先進国の中でもかなり低いです。

 

医療が発達していないわけでもないのに

どうして低いのか。

ひとつは不妊治療開始の年齢があげられます。

 

仕事のこととか育児環境のことを考えると

子どもを産むことに躊躇される方も

少なくないですよね。

で、ちょっと環境が整って

いざ! と思っても

簡単に子どもが授かるわけでもなく・・・

 

私は30代だった20年前も

同期の数人が不妊治療に通っていました。

そのころから不妊問題はありましたが

今でも 不妊施術の病院は

待合室は 女性でいっぱい・・・とききます。

 

でも、問題は年齢だけなのでしょうか?

実はそうとも言い切れません。

生活スタイルや仕事環境の変化

食生活といったところも

少なからず影響しています。

 

ちょっとそちらの方にも

目をむけてみましょう!

 

妊娠に大切なことは母体が元気なこと

そのためには、

体内に活性酸素をためないことも大事です。

活性酸素は、増えすぎてしまうと

自身の細胞を傷つけてしまうので、

細胞のひとつである卵子も傷つけられます。

現代社会において活性酸素は

日常生活をしているだけでも発生してしまうので

発生しやすいことをさけ、

除去することを積極的にやってみしょう。

 

 

例えば・・

・睡眠をきちんととる。

睡眠不足になると泰寧時計の機能がくるって

ホルモンの分泌も弱まり、バランスもくずします。

睡眠

 

・お酒を控える、たばこをやめる

喫煙や飲酒は、妊娠率も下がり

胎児の先天性異常の危険も高まると言われています

 

・適度な運動をする

身体の代謝があがると

細胞が元気になります。

 

・ヨガをする

呼吸をしっかりするので、

新陳代謝をさかんにします。

 

・ストレスをためない

ストレスがたまると内臓の働きが悪くなり

ホルモンバランスもくずれます

 

マッサージや骨盤矯正も、

筋肉を緩めてリラックスし

リンパの流れもよくすることで

内臓を元気にていくことで

卵子を元気にします。

内臓整体

 

また、きたの整体では

活性酸素を除去する

エアナジー」という機器を扱っています。

ドイツでは活性酸素をとりのぞく医療機器として

医療現場で使われているものなので

その効果はお墨付きです。

 

 

「からだによさそうなこと」

たくさんあります。

できそうなことから始めてみませんか?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだの痛み・不調を、根本から
改善するお手伝いをしています。

きたの整体指圧院 きたの整骨院

〒102-0045
東京都八王子市大和田町 7-6-43
℡ 042-644-8908

HP  https://kitano-seitai.com
Line @zvf1357v
Instagram kitano.seitai  (きたの整体)
masako-toyabe (妊活)

頭痛・肩こり・腰痛、交通事故・むち打ち、
産後の骨盤矯正・妊活・不妊整体、
エアナジーー・ファスティング
ダイエット・デトックス

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Copyright© きたの整骨院・きたの整体指圧院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.