ブログ

妊活

生理痛が辛い! 体質改善してるのに・・・

この生理痛をなんとかしたい!!

体質改善をがんばっているのに

生理痛がひどい!

 

これって何とかならないの?

 

生理痛は、もともとは

なくてもいいもの。

だから、しっかり体質改善できれば

よくなっていきます。

 

主な生理痛の原因は

①プロスタグランジンの分泌量が多い

②子宮の出口が狭い

③冷えによる血行不良

④精神的・身体的ストレス

です。

 

その生理痛を改善するには

まずは体をあたためて

血行をよくすることがキホン!

 

体を温める方法はいろいろあります。

 

①体を内側からも外側からも温める。

やっぱりお風呂にじっくりつかって

全身を温めるのがキホン!

使い捨てカイロを使うのもいいですが

奥まで温めるのは難しいかと。

 

冷房で冷えすぎないように

下腹部とかお尻とか

温かくするのも大事です。

 

内側から温めるには、

ハーブティーなどがおススメ。

食事も温かいものを

選ぶ方がいいですね。

 

②下着で締め付けない

体のラインをよくしようという

ガードルなどの下着。

 

体を締め付けていると

血流が滞りやすくなり

生理痛が悪化します。

 

締め付けの少ない

リラックスできる下着を

つけましょう。

 

③アロマでリラックス

生理痛には

メンタルも影響sてきます、

 

アロマセラピーで

心身ともにリラックスできる時間があると

からだもかわってきます。

 

 

③軽いストレッチをする

生理痛だからといって、

張り切って運動する必要はありません。

 

しっかりじっくり

体を動かすことが大事。

 

特に股関節まわりとか

足を動かすことを意識しましょう。

 

ただし、無理は禁物

特に生理痛の時は

無理せず休みましょう。

 

④ツボを押す

生理痛にいいとされているツボが

いくつかあります。

 

お腹や足にもありますが

私のおススメは合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の骨が交わる部分よりも、

やや人差し指よりのくぼみです。

 

ここが一番触りやすいので

気軽に押すことがあります。

 

でも、どうしてもがまんできないほど

痛みが強いときは

鎮痛剤を利用しましょう。

 

多用するとだんだん効果が薄れるとか

体の働きがにぶくなるとか

そんな副作用もあります。

 

薬は飲まなくても済むなら

なるべく飲まない方がいいと

私は思っていますが

辛すぎる時は無理せず

薬に頼るのもアリだと思います。

 

必要以上に我慢するのはストレスになるので

かえって痛みを強めるということも

考えられます。

 

ですから、状況に応じて

使ってみるのはいいと思います。

 

体質改善を始めたからと言って

すぐに効果がでるとは限りません。

 

特に、体質改善を始めたばかりのときは

逆にいつも以上に痛くなることもあります。

 

でも、体質改善を進めていけば

よくなっていくと信じて

調整していってください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだの痛み・不調を、根本から
改善するお手伝いをしています。

きたの整体指圧院 きたの整骨院

〒102-0045
東京都八王子市大和田町 7-6-43
℡ 042-644-8908

HP  https://kitano-seitai.com
Line @zvf1357v
Instagram kitano.seitai  (きたの整体)
masako-toyabe (妊活)

頭痛・肩こり・腰痛、交通事故・むち打ち、
産後の骨盤矯正・妊活・不妊整体、
エアナジーー・ファスティング
ダイエット・デトックス

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Copyright© きたの整骨院・きたの整体指圧院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.