ブログ

妊活

妊活中は痛み止め、使っちゃダメ!?

頭痛もちだから、薬は手放せない。

生理痛が怖くていつも薬を飲んでいる。

そんなあなたは、もしかしたら

自ら妊娠を遠ざけているかもしれません。

 

痛みが強いとき

やっぱり薬に頼りたくなってしまいますよね。

 

でも、実は鎮痛剤の成分の中には

痛みのもとプロスタグランジンを

抑える作用があるのですが

それにより卵の成熟や排卵を促すことを

阻害してしまうこともあります。

 

またプロスタグランジンには、

血管を広げて、血液量を増やす

作用があります。

プロスタグランジンの生成が抑えらると

血液量が抑制されて血流も悪くなり、

冷えやすい身体になっていきます。

 

妊活中には、冷えることも、

血液量が減ることや血流が悪くなることも、

卵子の成長や、内膜の状態に関わってきます、

 

だから、むやみな鎮痛剤の服用は

お勧めできません。

 

生理痛は本来は生理現象なので、

痛みを伴うものではありません。

でも、冷えや、血流が悪いことで

生理痛が起きやすい環境になります。

 

つまり、解熱鎮痛剤を常用することで、

より痛みが生じやすい身体になっている

悪循環を生んでいるということです。

 

じゃぁ、痛み止めをつかっちゃだめなの?

というと、もちろん、

激しい痛みを伴う時や、

炎症が強い時には、使うべきだと思います。

一度病院に相談して薬を変えるのも

ありですよね。

 

大事なのは、使い続けないこと。

解熱鎮痛剤によって身体を冷やしている状態

ということをしっかり認識して

生理痛・頭痛がひどいのは

しょうがないとあきらめないこと。

その場しのぎの解熱鎮痛剤に頼るのではなく、

痛みを起こさないための

身体作りをすることが大切です。

 

 

体質を変えていけば

痛みのおきづらい体を

つくることができます。

まずはやっていきましょう!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだの痛み・不調を、根本から
改善するお手伝いをしています。

きたの整体指圧院 きたの整骨院

〒102-0045
東京都八王子市大和田町 7-6-43
℡ 042-644-8908

HP  https://kitano-seitai.com
Line @zvf1357v
Instagram kitano.seitai  (きたの整体)
masako-toyabe (妊活)

頭痛・肩こり・腰痛、交通事故・むち打ち、
産後の骨盤矯正・妊活・不妊整体、
エアナジーー・ファスティング
ダイエット・デトックス

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

Copyright© きたの整骨院・きたの整体指圧院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.