ブログ

妊活

低温期の体温が下がらない・安定しないときは自分を労わってあげてください!

妊活にとっては

基礎体温が高ければ高いほどいい・・

わけではなくて

低温期には下がることも必要です。

 

 

低温期は

排卵前の卵が一気に育つ時期。

 

卵が育つのにちょうどいい温度、

育ちやすい温度というのがあって

それが36.2~36.4℃あたり。

 

私たちだって、

過ごしやすい気温があるように

卵子にも適正温度というのが

あるってことです。

 

だから、常にその適正温度で

卵ちゃんを育ててあげたいですよね。

 

基礎体温が変わってくるのは

実は自律神経と

とっても深い関係があります。

 

低温期が安定しないで

ガタガタになっているときは

自律神経が安定していない

ということが考えられます。

 

ストレスがあったり

呼吸が浅かったり

眠りが浅かったり

その結果

自律神経が安定しないから

ガタガタになってしまいます。

 

低温期も体温があがってしまう

という場合は

体がいつも活動モード。

副交感神経が

うまく働いていない

という状態です。

 

脳が休んでいないので

脳がエネルギーを使って

熱を発しているので

熱が下がらない

という状態なんですよね。

 

ということは

大切な卵ちゃんを育てるためには

しっかり熱をとってあげて

ほどよい温度で安定させる

必要があるってことですよね。

 

副交感神経を働かせるのに大事なのは

リラックス!!

 

いつもがんばりすぎている脳を

しっかり休ませてあげて

熱をとってあげる

ということが大事です。

 

 

私の脳って

何でオーバーヒートしてるんだろう?

改めて考えてみてください。

知らず知らずのうちに

キャパオーバーになっていませんか?

 

ストレスがある?

気になることを考えすぎてる?

やることが多すぎて

常に頭の中が働いてる?

 

 

まずは、その原因を取り除くことが

1番なのですが、

それ以外にできることもあります。

 

①深呼吸をしましょう。

疲れているときは特に

酸素が不足しています。

意識的に酸素を取り入れましょう!

 

②ゆっくりお風呂に入りましょう。

体をしっかり温めると

体も脳も緩めてあげましょう!

 

③睡眠をしっかりとりましょう。

まずは睡眠時間をたっぷりとる!

深い眠りのためには

ケータイは寝る前は厳禁

なるべく寝室におかないようにしましょう。

 

④ストレッチをしましょう!

緊張すると、体が硬くなります。

自分で体を緩めるのが面倒なら

整体やマッサージもおススメです!

 

妊活さんは、がんばりすぎ。

だから心も体も

疲れています。

 

リラックスできる自分の時間を作り

日頃のがんばりを

癒してあげましょう!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだの痛み・不調を、根本から
改善するお手伝いをしています。

きたの整体指圧院 きたの整骨院

〒102-0045
東京都八王子市大和田町 7-6-43
℡ 042-644-8908

HP  https://kitano-seitai.com
Line @zvf1357v
Instagram kitano.seitai  (きたの整体)
masako-toyabe (妊活)

頭痛・肩こり・腰痛、交通事故・むち打ち、
産後の骨盤矯正・妊活・不妊整体、
エアナジーー・ファスティング
ダイエット・デトックス

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

Copyright© きたの整骨院・きたの整体指圧院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.