TEL

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰 > 【腰痛】ぎっくり腰って、ちょっとしたことで起こる?

【腰痛】ぎっくり腰って、ちょっとしたことで起こる?

2016.05.13 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

あっ・・・ やっちゃった・・・(バキバキ の効果音)

テレビ番組でも たまにみられる光景ですよね。

 

ぎっくり腰に縁のない人は

ちょっと やらせっぽく感じる方もいるかもしれません。

 

テレビドラマとかで見るのは

重たいものを持ちあげようとして グキッ

・・・というのがほとんどのような気もしますが

実際は、ぎっくり腰はちょっとしたことでもおこります。

 

顔を洗って起き上がったとき

子どもを抱っこして 立ち上がろうとしたとき

洗濯ものを干そうと手を伸ばした時

仕事を終えてイスから立ち上がろうとしたとき

車の運転を終えて外にでようとしたとき

寒い日に 庭の気を剪定していたとき

 

・・・ここ一年くらいの

当院のお客さまを思い浮かべてみても

ぎっくり腰でいらした理由は様々です。

 

ぎっくり腰は 若者はならない?

 

・・・これも間違いです。

 

ぎっくり腰は、

普段から腰回りの筋肉が硬くなった人が

急に腰の筋肉を使ったときにおこります。

 

柔らかいゴムは 伸ばすと伸びるけど

硬くなったゴムは 伸びずにきれてしまうのと

同じですね。

 

だから、机にずっと向かってイスに座りっぱなしの学生も

ぎっくり腰をおこす危険性はあります。

 

年齢に関係なく

普段から筋肉が硬くならないように

ストレッチをする なり

長時間同じ姿勢をとらないようにする なり

注意することで

ぎっくり腰を予防することができます!

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日