TEL

Blog記事一覧 > 不妊・妊活の記事一覧

【不妊・妊活】冷えに注意!

2018.06.11 | Category: 不妊・妊活

梅雨になると

また気温が変化しがちですよね。

 

妊活で大事なことのひとつに

「しっかり血液循環させる」

とはいえ、もちろん妊活にも大切ですが

これは 妊活でなくても健康には大切ですよね。

 

まずひとつは、きちんと温める!

とにかく冷えは大敵です。

これからの時期、エアコンで冷やしたりとか

暑いからといって布団をはだけて寝たりとか

あとは 冷たいものの飲みすぎなど

むやみに体を冷やさないよう気をつけてください。

 

我が家もこの時期は家の中が洗濯物でいっぱいになるので

エアコンの除湿機能を使っているのですが

気が付くとかなり冷えてしまっていることもあります。

温度設定を考えて 冷やしすぎないように

したいものですよね。

 

もうひとつは、きちんと発汗させること。

例えば、就寝時の靴下。

「私は冷え性だから・・・」と

靴下をはいて寝ている人がいますが

そうすると熱がこもってしまって

脳は逆に「体を冷やさなきゃ」というふうに

働いてしまいます。

 

汗をかいて きちんとふかないのもダメですよね。

冷えた汗は 逆に体を冷やすことにつながります。

 

あとは、なるべく筋肉をつけることです。

動脈の血は 心臓のポンプによって全身に送られるのですが

それを体から戻す静脈にはポンプがありません。

 

からだを動かすことによって

筋肉がポンプの役割を果たすので

適度な運動をして ポンプ作用をおこすことも必要です。

「私、運動は好きじゃないから・・」という方は

足首や手首を動かすだけでもOK.

リンパマッサージもおススメです。

 

血液は、栄養や酸素を運ぶ 大事な役割をもちます。

血流をよくして、からだを元気にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【不妊・妊活】断捨離と妊活

2018.04.27 | Category: 不妊・妊活

不妊整体の勉強を始めたとき

どうしてもわからないことがひとつ。

「不妊施術をやっている病院はいっぱいあるし

医療技術は年々進歩しているはずなのに

どうして不妊のお客はたくさんいるんだろう。」

ということ。

 

その疑問を、日本不妊整体協会のトップであり

セミナーの講師をされていた粟木原先生に

なげかけてみました。

 

「どうしてだと思う?」

・・・それがわからないから聞いたんですよ~(心の声)

 

「僕は、足し算ばかりでなく

引き算も大切だってこともあると思うよ。」

 

つまり・・・です。

断捨離や片付けと同じ?

家の中にいろいろ詰まっていても

それがうまく使えていなければ意味がなく

不要なものを捨てて

必要なものがすぐに使えるようになると

生活がしやすくなる。

 

ホルモン剤とか薬とかも必要かもしれないけど

それをうまく働かせるためには

からだの中のよけいなものを出すのも大事。

リンパの流れをよくしてむくみをなくすのもそうだし

生理で不要な経血をだしきるのもそうだし

便だってちゃんとだした方が・・ということ。

古いものをしっかり出した方が

新しいものが入りやすいし

からだも働く・・ということ。

 

そのためにできること

いっしょに考えてやっていきましょう。

 

 

【不妊・妊活】活性酸素に注目!

2018.04.26 | Category: 不妊・妊活

妊活にとって ストレスは大敵・・

ということは何度か書いたと思いますが

ストレスがたまると

交感神経の方が働きすぎて

リラックスできなくなり

血流も悪くなるんでしたよね。

 

そこで、きたの整体でおススメしているのが

「エアナジー」です。

聞きなれない名前だとは思いますが

活性酸素を除去するためにドイツで開発された

活性酸素除去装置です。

 

ドイツは、医療に関してはかなりの先進国。

日本ではあまり聞きなれない「エアナジー」も

ドイツでは医療機器として

病院などでも使われているすぐれものです。

 

活性酸素は、酸素がちょっとへんな形になったものと

イメージしてください。

からだの中で増えすぎてしまうと

細胞に悪さをして

不調をおこす原因となります。

 

エアナジーはこの活性酸素をからだから取り除いて

代わりに酸素を採り入れるので

「吸うサプリメント」とも言われています。

 

使い方は簡単、専用のチューブを鼻につけ

あとはリラックスしているだけ。

普通に呼吸しているだけで

活性酸素が取り除かれます。

 

活性酸素が取り除かれ酸素が取り入れられると

血流がよくなってきます。

そうなると体中に栄養が行きわたりやすくなりますから

からだが元気になります。

 

妊活をするにあたっては

血流の改善は特に大事なことなので

積極的に使っていきます。

 

もちろん、妊活以外にも

疲労回復や不眠の改善をはじめてとして

いろいろな目的で利用されている方が

いらっしゃいます。

ぜひ、いちど利用してみてください。

 

 

 

 

【不妊・妊活】むくみは妊活の敵?!

2018.04.25 | Category: 不妊・妊活

妊活するにあたって

改善していただきたいことのひとつが「むくみ」

 

「むくみ」ってどうしておこるかご存知ですか?

むくんでいるのは、

リンパ液や血液の流れが悪く

滞っている状態です。

 

ふくらはぎをちょっと押してみてください。

押した状態が元に戻らないのが

むくんでいる状態。

 

むくみがでているということは

リンパ液はとても冷えています。

むくみが出やすい人は 冷え性でもありますよね。

 

この冷えたリンパや血液は

心臓の方へもどっていくのですが

その通り道にあるのが

・・・そう、子宮や卵巣です。

つまり、むくみがある状態だと

子宮や卵巣を冷やしてしまうのです。

 

冷えるとどうなるか

・・・子宮や卵巣の働きが悪くなり

結果としていい卵胞が作れなくなります。

 

血流が悪いということは

ホルモンの働きもにぶくなるので

これまた問題。

 

つまり、むくみをとることは

とても大事ということです。

 

院では温熱や整体で血流をよくしていきますが

自宅で自分でできることもあります。

 

ひとつはふくらはぎのマッサージ

内くるぶしの上から膝の方に

マッサージしてみてください。

ふくらはぎにあるツボを押すのも

おススメです。

 

もうひとつはかかとの上げ下げ。

立った状態で10回を 気づいたときに。

デスクワークの人には

座った状態でもいいです。

ふくらはぎの筋肉を動かすことで

血液のポンプ作用が働きます。

 

むくみは自分でも気づきやすいポイントなので

ぜひ解消できるようにがんばりましょう!

 

 

 

 

【不妊・妊活】妊娠するのに必要な栄養は?

2018.04.24 | Category: 不妊・妊活

子どもがほしい・・と思ったら

これさえ飲めば すぐに妊娠する

なんて そんな薬あるといいですね。

 

でも、なかなかそんな訳にはいかないので

まずは 必要な栄養を

きちんとることが基本だと考えています。

 

一般的には 糖質はなるべく控えて

タンパク質や鉄・ビタミンなどを

しっかり食事でとること。

それでも足りないところは

サプリメントで補うのもいいですね。

 

せっかく体を整えようと施術したのに

必要な栄養が体に入ってこないと

意味がありません。

 

また、その栄養がしっかりからだに入っていくには

胃や腸の調子を整えることも

必要になってきます。

そこには施術も貢献します。

 

あとは、とった栄養素がきちんと吸収されるのに

材料の組み合わせも必要になってきます。

 

病院で必要な時期に必要なホルモン剤を足したり

薬を飲んだりするのが悪いということではありません。

 

より、その効果を高めるためにも

自分の体をしっかり作っておくのが

ベースとしてある方がずっといいと思いませんか?

 

病院でホルモン検査などをしても原因がわからなかった人が

栄養状態を調べる検査をして

初めて足りない栄養素があったのをみつけ

それを補ったらすぐに妊娠できた

というケースもあるくらい

栄養状態は大事です。

 

特に注目してもらいたいのがフェリチン(貯蔵鉄)です。

普通のお医者さまで検査できないこともありますが

これが低いことで妊娠にいたらない方もいらっしゃいます。

 

ふだんの食事に目を向けて

バランスよく栄養をとるよう心掛けましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【不妊・妊活】いい卵を育てましょう!

2018.04.23 | Category: 不妊・妊活

卵子ってどのくらいかけて育っていくかご存知ですか?

 

排卵される前に卵胞として育っていくのに

だいたい100~120日と言われています。

 

この間にしっかりと栄養と新鮮な酸素を採り入れることが

いい卵胞をつくります。

つまり、この期間に十分な血液循環が必要ということ

言い方を変えれば

血流が悪いと卵胞の育ちが悪くなり

妊娠につながる「いい卵」ができない

ということになります。

 

血流が悪くなる原因って?

これまでのブログでも紹介しましたが

・冷え

・姿勢の悪さ

・自律神経の緊張

・ストレス

・便秘

などが考えられます。

 

つまり、お腹に柔軟性があって

子宮や卵巣が働きやすいからだが

いいってことですよね。

 

血流がよくない理由は人それぞれです。

だから、じっくりお話をしながら

「私は どうして血流が悪いの?」

「どうしたら血流がよくなるの?」

という疑問の答えを

ひとつひとつ探して 解決していくのが

私達の役目です。

 

「病院で〇〇と言われたから 注射を打った」 とか

「タイミング法でうまくいかなかったから

次は体外受精を勧められそうすることにした」

など、いつまでも受け身でばかりいては

ずるずると長引いてしまうかもしれません。

 

自分のからだと真剣に向き合ってみませんか?

そこから見えてくることもありますよ。

 

一緒にそれを探って

確実に一歩一歩進んでいきましょう。

 

 

 

【不妊・妊活】流産をしてしまうのは?

2018.04.21 | Category: 不妊・妊活

「流産を繰り返してしまう」

「妊娠はするけれど、赤ちゃんが育たない」

妊活をしていると、少なからずあるケースです。

 

実は私も、流産の経験があります。

2人目の子どもができたと思った直後でした。

長男の世話もあったし

仕事もフルで復帰していたので 無理をしてしまったせいなのか。

かなりのショックで落ち込み、泣きました。

そんな私に 産婦人科の先生は

「この時期(妊娠初期)に流産したのは、何かしてしまったせいでなく

育たない卵だったんだよ。

だから自分を責めないで。」

とおっしゃいました。

当時は 私をなぐさめるために

わざとそういうふうに言ってくれたんだろうな

と思っていたのですが

そうでもなかかったようです。

 

冷やしてしまったから流産 とか

子宮の循環が悪かったから流産

母体の健康が保たれなかったから流産

といったケースがないわけではありませんが

それ以上に「卵がしっかり育っていない」と考えて

対策をとって行った方がいい結果につながります。

 

いい卵を育てるためには・・・

しっかりと栄養をとりましょう!

・・甘いものや炭水化物を控えて

タンパク質をたくさんとりましょう。

からだの代謝をよくしましょう!

・・適度な運動をしましょう。

水分はしっかりとりましょう。

便秘や下痢をなくしましょう。

いい睡眠をとりましょう!

・・早寝早起きを心掛けましょう。

ストレスはかかえこまないようにしましょう。

 

日常のちょっとしたことから

気を付けてみるのも妊活にとっては大切です。

 

 

【不妊・妊活】ストレスが不妊に関係する?

2018.04.20 | Category: 不妊・妊活

不妊施術を続けていくのって

かなりストレスを感じてしまいますよね。

もうあきらめよう! と思ったとたん

ストレスがなくなったので妊娠した・・・

なんて話をきいたことはありませんか。

 

ストレスがどうして妊娠に関係するのか

考えたことはありますか?

 

ストレスを感じると

交感神経が強く働いてきます。

そうなると 血流が悪くなり

ホルモンを調節がうまくいかくなって

必要なホルモンがうまくでなかったり

でてほしくないところで出すぎてしまったりします。

 

そうなると 内臓もうまくはたらなくなり

子宮や卵巣のはたらきも・・・。

生理痛や生理不順 便秘や下痢など

からだの不調もでてきます。

 

そうなると いい卵子もつくれませんし

卵子を育てるための内膜も

うまく育たなかったりします。

 

これを薬(ホルモン剤)で調節する方法もありますが

まずは 自分で卵巣や子宮が

たまごを育てやすいからだにする方が

うまくいく・・・というケースがたくさんあります。

 

自然に必要なときに 必要なホルモンがでてくるように

からだの状態を整えてあげることで

無理なく妊娠力をあげていきましょう。

そのためのひとつの対策がストレスフリー。

 

今、あなたの一番のストレスは何ですか?

それをとるには何が必要で どうしたらいいでしょう?

ひとりで悩まずに

まずは きたの整体にご相談ください。

一緒に考えていきましょう。

 

 

【不妊・妊活】骨盤のゆがみと妊娠の関係は?

2018.04.19 | Category: 不妊・妊活

今日は不妊と整体の関係のお話です。

 

骨盤がゆがんでいるということは

その中に入っている子宮や卵巣の形も

ゆがんでくるということになりますね。

そうすると 圧迫されるところや緊張するところがでてきて

血流が悪くなってしまいます。

血流の悪さは 栄養をうまく送れなくなったり

冷えの原因となります。

 

だから、骨盤を正しいかたちにバランスよくすることで

子宮や卵巣がストレスなく働くようになります。

 

最近よく見られるのが

猫背 そり腰の姿勢です。

スマホやパソコンの姿勢で背中がまるくなったり

正しい姿勢を意識しているつもりで

背中を極端にそらせてしまっていたりというケースが

よくみられます。

 

ほとんどの人が「私、姿勢悪いんですよね」

と自覚されているのですが、中には

「私は姿勢は悪くないと思います」と言いつつ

自分の姿勢の悪さに気づいていない人も

たくさんいるのも事実です。

 

あまりふだん意識していない方も多いかと思いますが

一度 じっくり見る機会をもってはいかがでしょうか?

 

自分の立ち姿をカメラでとってみるのもいいですよ。

きたの整体でも 実際にカメラでとったものを

お客さまにおみせすると

「まっすぐ立っていたつもりなのに

こんなに曲がってたんですね~」

とびっくりされた方も。

 

自分の体のバランスがどうなのか気になる方は

一度きたの整体の施術を受けてみませんか?

まずはお気軽にお電話ください。

 

 

【不妊・妊活】不妊と冷え性は関係あり?

2018.04.18 | Category: 不妊・妊活

不妊のお客さまに多くみられる症状が「冷え」。

冷えると細胞の働きが弱くなりますので

子宮や卵巣が しっかり温まっていることが大切です。

 

人間の体は、とってもうまくできています。

どういうことかというと

まず、生命を維持していくために必要なところから

栄養が送られていきます。

 

生命に大事なところ・・・どこでしょうか?

そう、まずは身体に血液を送るポンプである心臓。

そして それをコントロールする脳ですね

そのあと内臓、手足・・・

 

あれ? 子宮や卵巣は・・・?

 

子宮や卵巣は、子孫を残していくには大切ですが

自分の生命を維持していくためには

優先順位が低いですね。

 

ということは、言い換えれば

他のところの状態がよくなければ

子宮や卵巣の状態もよくならない

ということになります。

 

手先や足先が冷えているということは

子宮や卵巣も冷えているということ。

手先や足先の血行が悪いということは

子宮や卵巣の血行も悪いということ。

 

つまり、冷え性をなくすことが

妊娠へ近づくためにも大事ということです。

 

冷え性対策には

整体や温灸といった院で行う施術もありますが

適度な運動をするとか

姿勢に気をつけるとか

きちんと食事をとるとか

しっかり睡眠をとるとか

ふだんからできる対策もいろいろありますよ。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日