TEL

Blog記事一覧 > 2016 10月の記事一覧

【産後の骨盤矯正】お母さんの息抜きも必要です!

2016.10.19 | Category: 産後の骨盤矯正

生後1か月の赤ちゃんを連れた
お母さんがいらっしゃいました。

 

赤ちゃんはちょうどお休みタイムだったようで
ベッドの横に布団を置いて
静かに寝ていてくれました。

 

おとなしかったので
特に子守をする必要もなく
見守っているだけでしたが
やっぱり赤ちゃんはかわいいですね。

 

でも、この赤ちゃんは夜泣きがたいへんらしく
さらに4歳と2歳のお子様もいらっしゃるというので
お母さんはたいへんそうです。

 

前回 初めていらしたときは
腰痛と手首・親指の痛みがありましたが
それは気にならないくらいよくなったとのこと。

 

でも、首まわりや腰に
疲れはでていましたので
そこをほぐして骨盤を矯正すると
かなり体が軽くなったようです。

 

産後は 出産の疲れもありますが
育児もたいへんなので
体も疲れますが 精神的にも
疲れることが多くなります。

 

精神的疲労からも
体は重だるさや頭痛などの
症状を引き起こします。

それらを改善するためにも
お母さん自身が整体を受けたり
リラックスすることは
とても大切です。

 

最後に

今はちょっとたいへんですけど
3人めだから
このたいへんさは
永遠に続くわけじゃないことがわかっているので
そういう意味では 3人めは気が楽です。

とおっしゃっていました。

 

我が家も3人の子供がいるので そこは同感!

 

でも、初めての子の子育ては
ちょっとしたことでも
ついいろいろ考えて
精神的に疲れることもあると思います。

 

そんなお母さんたちでも

お母さん自身が
子育てを楽しめる余裕がもてるように
応援していけたらと思っています。

 

【腰痛】腰痛は安静にしておけばいい・・というわけではありません

2016.10.17 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

けがをしたときの施術で

「RICEの法則」というのがあります。

 

R REST (安静)

I ICING (冷却)

C COMPRESSION (圧迫)

E ELEVATION (挙上)

 

の4つの単語の頭文字からきています。

 

傷めたときは、まず安静にして冷やす。

傷めた個所を動かさないようにし

なるべく心臓より高い位置に

・・・腰の場合は挙上は難しいですね。

これは、けがをした直後は

とても大切な処置です。

とにかく 傷めたところを

動かないように安静にすること

無理をしないことが 思っている以上に

初期対応には大事なことです。

 

でも、いつまでも安静にしているのがいいかというと

そうとも言えません。

安静にしていると

今度は筋力が落ちてしまうからです。

 

痛みが落ち着いたら

ストレッチしたり

マッサージしたり

運動したりということも必要になります。

 

でも、ここで素人判断は危険。

専門家の指導にそって

行っていくことをお勧めします。

 

よかれと思ったことが

悪化を招く危険性もあるので

くれぐれも 「友達に言われたから・・・」とかは

やめてくださいね。

 

ピキッ! とか 痛っ! とかなったら

きたの整体に ご相談ください。

もちろん、 いつも重いとかだるいといった

慢性の症状でもOKですので、お気軽にご相談ください。

【腰痛】そり腰になっていませんか?

2016.10.16 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

全身の見える鏡の前に立って

姿勢を正して 横向きになってみてください。

腰がそってはいませんか?

 

太めの方とか 妊婦さんに多く見られますが

実は、腰をそらす癖があるということに

気づいていない方が多いです。

 

いつも腰をそらしているとどうなるか・・・

 

自然とおなかの筋肉が引っ張られ

腰の筋肉は縮みっぱなし。

すると、背中や腰に負担がかかってきます。

・・・そう、 腰痛の大きな原因のひとつです。

 

そして、腰痛の方によくみられるのが

腰が痛くなると腰をそらすストレッチ。

 

でも、ここでちょっと想像してみてください。

いつも腰がそっていて 腰が痛い人が

さらに腰をそらすストレッチをすると・・・

 

そうです。

さらに 腰に負担をかけているので

ますます 腰が痛くなってしまいます。

 

よくよく考えればわかることなのですが

そもそも 自分がふだん

そり腰になっているのに気づかなければ

腰をそることがよくないと

思わないですよね。

 

整体を受けることのメリットのひとつに

「自分のふだんの癖に気づくことができる」

というのがあります。

 

自分にどんな癖があって

それが体にどんな負担をかけていて

どういう状態になっているのか。

 

それがわかれば、

ふとしたときに

あ、またやってるから気をつけよう! とか

この運動やっておこう とか

自分で予防することができます。

 

テレビなどで いろいろな運動が紹介されますが

その運動は だれにでも効果があるものではありません。

 

現に、きたの整体にいらっしゃるお客さんでも

テレビで見た運動をして

かえって痛みがでたという方もいらっしゃいます。

 

例えば X脚で膝が痛い方が

O脚で膝が痛い人のための運動をしたら・・・

 

まずは 自分の癖や 体の状態を知ることが

健康な状態をつくることにつながります。

 

私の体の癖って どうなんだろう・・・と思ったら

きたの整体指圧院 に ご相談ください。

【腰痛】腰痛には、骨盤ベルトが効果的!?

2016.10.15 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

寒くなってくると

腰痛・ぎっくり腰 になる人が増えてきます。

寒いと血行が悪くなりがちなので

筋肉も硬くなってきます。

 

硬くなった筋肉は

強い力が加わるとプチッと切れやすく

ぎっくり腰をおこしやすくなります。

神経が圧迫されて 腰痛につながることもあります。

 

ひどい腰痛の時は

骨盤が安定しません。

 

そこで、活躍するのが 骨盤ベルトです。

 

骨盤をしっかりしめて安定させることで

痛みを和らげることができます。

 

腰痛用のベルトはたくさん販売されていますが

きたの整体では

ゴム製の骨盤ベルトをお勧めしています。

 

これまでいろいろな腰痛ベルトを試してみましたが

これが一番 骨盤にしっかりとフィットし

骨盤を安定させると感じたからです。

 

整形外科や薬局で勧められた腰痛用サポーターを

使っているというお客さまもいらっしゃいますが

こちらのほうがフィットすると言っていただけます。

 

特に、腰をしっかり固定する

上下幅の大きいものを使っている人がいらっしゃいますが

座った時にお腹が圧迫されてしまうので

デスクワークの人は要注意です。

 

ベルトは巻く位置にも

ポイントがあります。

脇腹のちょっと下にちょっと骨がでっぱったところがあります。

そのあたりに巻きましょう。

 

あまりきつく巻きすぎると

血行が悪くなってしまいますし

座った時につらくなります。

緩くしすぎると

せっかくの締め付けの効果がなくなります。

自分でいろいろ試して

ベルトがずれずに 骨盤を安定させることのできる

ほどよい強さをみつけてください。

 

きたの整体では、もちろん

骨盤ベルトの巻き方もアドバイスしますので

お気軽にご相談ください!

【腰痛・頭痛】痛いときに、痛み止めの薬は有効!?

2016.10.11 | Category: 腰痛・ぎっくり腰,頭痛

整骨院は、薬の処方はできません。

薬について 専門知識をもっているわけではありません。

 

ですが、長年この仕事をやっていて

経験から 薬について考えることはあります。

あくまで個人的な見解・・・ということで

お客さまともお話をしています。

 

頭痛や腰痛など、痛みのあるときは

痛み止めの薬は とても有効だと思います。

何より、薬で痛みが止まれば 苦痛が和らぎます。

苦痛があるときは

痛いところ以外にも どこかしら負担がかかっています。

すると、そこの筋肉が硬くなったりして

ますますバランスが崩れてきます。

 

例えば、捻挫をして右足が痛かったら

痛い足をかばうために 反対の左足に体重をかけますし

そうやって歩いていることで

骨盤のバランスもくずれ

腰の痛みにもつながります。

 

痛み止め薬は、痛みの原因そのものを治すのではなく

あくまで痛みを感じないようにするだけです。

でも、痛く感じないことで

体に余計な負担がかからなくなって

治りが早くなるということは十分考えられます。

 

ただ、痛み止めの怖いのは

「治ったと勘違いして 無理をしてしまうこと」

無理をして 痛み止めの効果がきれてから

さらにひどくなっていた・・・なんてならないよう

薬を過信しないでください。

 

また、いつまでも薬に頼ってしまうと

自分の体がどのくらい回復したのか

わからなくなってしまうこともあります。

 

少しずつ 薬を減らして様子をみるとかして

回復の程度をみていくなど

薬に頼らなくても大丈夫になるよう

していきたいものですね。

【腰痛】ぎっくり腰は、腰の捻挫です!

2016.10.10 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

20代で運送業の男性との

施術中のおしゃべりの内容です。

 

ストレッチって そんなに大事なんですか?

-筋肉が硬いと、プチッといっちゃいますからね。

柔らかいと 切れずに伸びるから

傷めなくても済むんですよ。

 

ぎっくり腰って痛いんですよね。

以前、〇〇さんがぎっくり腰になったのを見たんですけど

ほんとに痛そうだったから~

-ぎっくり腰は「魔女の一撃」って言われるくらい

かなりの痛みです。

重い荷物も運んだりする仕事だから

特に気をつけたほうがいいですよ。

 

ぎっくり腰になったらどうしたらいいんですか?

-とにかく、最初は安静に寝ているのが一番です。

シップで冷やして動かないこと。

お風呂は絶対だめです。

 

温めたらだめなんですね。

あったまると楽になる気がするのに・・・

ーこれが一番多い勘違い。

傷めた直後にあたためると、痛みが広がっちゃいます。

ぎっくり腰って腰の捻挫だから・・

 

捻挫なんですか?

-そう、足を捻挫したときは シップで冷やして固定しますよね?

足をあっためる人はほとんどいませんよね。

それと同じです。

 

確かに。足だったら絶対温めたりしないで 冷やしますよね。

-あと、マッサージもだめですよ。

 

そっか~、痛いとすぐもみたくなるんですが・・・

それもだめですか?

-捻挫したとき、そこをもんだりしませんよね?

傷めたところをさらにグイグイやったらどうなります?

 

腰だともみたくなるけど それじゃケガしたところを

自分でさらに傷つけるようなものですね。

知らないとりそうだな~

 

ホームページの中やブログではよく触れるような内容ですが

ふだんの会話からご紹介してみました。

夜中に肉離れ!?

2016.10.08 | Category: その他

先生~、夜中に急にふくらはぎが激痛で目が覚めたんです!

前に肉離れやったところなんですけど・・・

つったのかなぁと思ったけど、

治らないから やっぱり肉離れなんですか?

 

足を引きずってかなり痛そうな様子だったので

電気をあてて

帰ってシャワーをあびたあとに

テーピングをはれるように

テーピングのやり方を説明しました。

 

でも、なんで夜中に??

 

骨盤のバランスを診てもそう悪くないので

やっぱり脱水症状? と思ったのですが

確かお酒は飲まないと言っていたような・・・

 

水分はちゃんととってます?

~ とりすぎるくらいとってると思います。

水分って何でとってます?

~ コーヒーです。

一日1リットル以上は飲んでます。

コーヒーって 夜も飲んでいるんですか?

~ はい、飲んでも全然寝ることがききますし・・・

 

そうです、コーヒーは利尿作用があるので

体の水分が奪われます。

だから、水分をとっているつもりで

逆に 脱水症状になっていたようです。

その日は 30℃以上になったので

汗も 水分をうばったのでしょう。

 

もちろん、本人はそこに気づいていなかったので

~ え~、コーヒー大好きなのに。

ブラックだったら飲んでもいいですか?

 

・・・そんな訳、ないですよね?

ちゃんと スポーツドリンクなどで

塩分やミネラルを補給するようにも

アドバイスしました。

 

翌日 仕事帰りにいらっしゃいましたが

たまたま クラッチが重い車での仕事で

クラッチを踏むたびつらかったけど

昨日のような痛みは でなくて助かったとのこと。

 

特に冬は 汗をかかない分

水分をとる必要性を感じない人は

多くなっていますが

だから脱水症状にも気をつける必要があります。

 

こんなちょっとしたことでも

原因に気づくことで 再発が防げます。

この痛みはどうして?? と思った方も

一緒に考えて 原因を探って行きましょう。

【頭痛】頭痛の原因はストレス!?

2016.10.07 | Category: 頭痛

慢性の頭痛に悩んでいらっしゃる方は多いですが

中でも 緊張型頭痛の方は

身体的・精神的ストレスが

関係していると考えられています。

 

身体的ストレスでは

無理な姿勢が続いたり、

長時間のデスクワークなど

頭から肩にかけての筋肉が緊張し

血流が悪くなることで

神経が刺激されると考えられています。

 

精神的ストレスも

筋肉の緊張につながります。

精神的に緊張した状態が続くことで

おこってくる頭痛も少なくありません。

 

緊張性頭痛の場合は

首から肩にかけての凝りがひどい方がほとんどです。

 

症状が比較的軽い場合は

・リラックスして休む

・体操をする

・筋肉をほぐす

・ストレス発散をする

といったことで 症状が楽になることもあります。

 

不規則な生活をしている方は

なるべく 規則正しい生活にもどしてあげるのも

大切なことです。

 

きたの整体に頭痛でいらっしゃる方の多くは

首肩まわりが がちがちに硬くなっています。

もちろん、首周りをしっかりとほぐしますが

それだけで大丈夫というわけではありません。

 

体のバランスをみながら

必要なところは 診ていきます。

骨盤回りのバランスが悪いと

いくら首肩をほぐしても

またすぐに 硬くなってしまいます。

 

自分のふだんの状態に慣れてしまうと

あまり気にならなかったり あきらめてしまうことも

整体を受けることでみえてくることもるかもしれません。

 

まずは一度 体のチェックをしてみませんか?

きたの整体では 全身の状態を診ていくことで

体の状態や 気をつけるべきことをアドバイスしています。

産後の骨盤矯正は、3回以上がお勧めです!

2016.10.06 | Category: 産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正でいらっしゃる方が増えています。

出産後に腰や肩の痛みがでてきたという方もいらっしゃいますが

出産前から もともと痛みが・・・

という方がほとんどです。

 

もちろん、だからといって今更 産後の骨盤矯正って・・・

と思うことはありません。

「今が治すチャンス!」と

骨盤矯正 をやってみるのは

とてもいいことだと思います。

 

出産で骨盤回りが緩んでいる時期なので

骨盤が より整えやすいからです。

 

とはいえ、一回矯正したからといって

その状態がずっと続くわけではありません。

 

今までの癖や 日常生活で

まただんだん崩れてきます。

だから、再度 矯正することが必要です。

でも、2度目の時は 最初の時よりは状態はいいはず。

そして、2度目のあとは

最初の矯正のあとより いい状態が長く続きます。

そうやって重ねていくと

だんだん 自分にとっていい状態を

保ちやすくなってきます。

 

最初の矯正でよくなったからと安心して何もしないと

もとの状態まで戻ってしまうことも考えられますが

そうなってしまう手前で

いい状態にもっていくことが大切です。

でないと せっかくの矯正が無駄になってしまいます。

 

産後は自分ひとりでなく 通うのもたいへんかと思います。

でも、これからも育児は続きますので

お母さんの体を いい状態にしておくことは

お子様にとっても 家族にとっても大事なことです。

 

ぜひ、この機会にしっかり

骨盤を整えておきましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日