TEL

【交通事故】弁護士特約に入っていますか? | 八王子・大和田町 きたの整骨院 きたの整体指圧院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 5月の記事一覧

【交通事故】弁護士特約に入っていますか?

2019.05.03 | Category: 交通事故

ゴールデンウィークの渋滞のニュースとともに

事故のニュースも入ってきますね。

 

事故にあったとき

被害者となってしまった場合は

相手(加害者)の保険やさんとのやりとりとなります。

 

事故には何度もあうわけでもないので

保険のしくみとかは

普通はよくわかりませんよね。

 

そうなると、

加害者の保険やさんの言うがまま・・・という対応に

なってしまう場合があります。

相手が良心的な方なら問題ないのですが

お客さまから相談されるのは

「まだちょっと痛みが残っているのに

もう打ち切りですって言われるんですが・・」

といった内容。

 

本来は、お客さまは痛みがなくなるまで

きちんと施術すべきなのですが

「打ち切り」と言われてしまうと

そうなのかな と思ってしまいがちです。

 

また、最後に示談になった段階で

慰謝料やら交通費などが支払われるのですが

それが適切に提示されていないケースもあります。

 

そんな時に、適切な対応をアドバイスしてくださるのが

弁護士の先生。

これは、自身で車の保険に入るとき

「弁護士特約」をつけていれば

弁護士費用は保険で支払うことができます。

弁護士特約は、車の保険の他

自宅の火災保険で入っていることもあるので

確認していただくことをおススメします。

 

「弁護士を使うってちょと抵抗が・・・」

と言われたお客さまもいらっしゃいましたが

弁護士を入れることがマイナスに働くことはないので

あまり気になさらなくてもいいと思います。

「弁護士特約に入っていないから

弁護士さんにはお願いできないなぁ・・・」

とお考えの方、ご安心ください!

きたの整骨院が提携している「弁護士法人心」様では

弁護士さんにお願いしてもともとの示談金より増えたら

その半分以下の費用で対応してくださいます。

ですから、「弁護士さんにお願いしたら、もらえるものが少なくなった」

ということは起こらないので、安心してお願いできますよ。

 

それでも、弁護士さんにはお願いしません。・・・とお考えの方もご安心ください!言われる方には

「こんなこと言われたけど」

「こういうときはどうしたらいいの?」

ということがあれば

きたの整骨院では 提携している弁護士の先生に

院の方から質問しておこたえもしています。

わからないことがあったら

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

【交通事故】事故の診断は病院へ

2019.05.01 | Category: 交通事故

交通事故にあった時は

必ず病院の診断をうけてください。

交通事故に関しては

整骨院でも診断書を書くことができます。

でも、保険会社では

病院の診断書でないと認めない

というところがほとんどです。

 

病院は、レントゲンやMRIがあるので

画像診断ができるということと

何より医師の診断を

重視しているからです。

 

でも、からだは痛くても

仕事でなかなか病院のあいている時間に行けないとか

病院は時間がかかるので行きたくないとか

おっしゃる方もいらっしゃいます。

 

どうしても時間が取れないときは救急の病院へ行くことを

おススメします。

 

一般の病院が閉まっている時間帯でも

必ず救急受付を受け入れている病院があります。

その地域の救急案内へ電話をすると

今いる場所からなるべく近い病院を2、3件

案内してもらえます。

救急案内の電話がわからないときは

119番に電話をすれば教えてもらえますので

そこで行きやすそうな病院を

選んでもらえばいいと思います。

 

救急病院はあくまで救急なので

後日、一般の整形外科に行くように言われますが

それでも、事故から遅くとも2.3日以内には

診断をうけておきましょう。

事故から時間がたってから病院に行くと

いくら事故のあとずっと痛かったと言っても

事故との因果関係があるかわからないと

言われてしまうケースもあるからです。

 

「痛いのであれば、時間を作って病院に行くだろう。

行かないのは、病院の必要性を感じなかったということでは。」

と判断されてしまいます。

もう一つ忘れてはいけないことは

事故後に出てきた痛みや違和感は きちんと伝えること。

そして、診断をつけてもらうことです。

 

「痛い」という感覚はどうしても一番強いところに意識がいきがちです。

でも、実は他も痛めていることもあります。

例えば、事故直後の病院に行った時は 首が痛かった。

そのうちだんだん腰も痛くなったケースです。

この場合、最初の診察の時に「首が痛い」しか伝えていないので

「腰痛」は診断に含まれていません。

でも、明らかに事故直後からの痛みであれば

これも早めに医師に伝えておかないと

「腰痛は事故との因果関係は感じられないから、支払い外になる」

と言われてしまう可能性もあります。

そうなると、困りますよね。

だから、「腰も痛くなりました」と病院で早めに伝え

事故で痛めたことを証明してもらいましょう。

 

事故の手続きや施術についてわからないことがあれば

きたの整骨院へご相談ください。