送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

【交通事故】ゴールデンウィークは、事故に注意! | 八王子・大和田町 きたの整骨院 きたの整体指圧院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 5月の記事一覧

【交通事故】ゴールデンウィークは、事故に注意!

2019.05.02 | Category: 交通事故

車の多いゴールデンウィークは、渋滞による事故も多いですが

ふだん車の運転をしていない人が運転することも多くなるので

交通事故はどうしても増えてきてしまいます。

テレビを観ていても、なんらかの交通事故のニュースを

目にすることが多い気がします。

 

危ないから運転は避けましょうとは言いませんが

とにかく気を付けて車に乗りたいものです。

もちろん、徒歩や自転車というケースもありますので

出歩くときにも同様です。

間違っても、スマホを見ながら・・・

なんてことはしないでくださいね。

 

と皆様にお話ししているのですが

実はそのゴールデンウィークの真っ只中

平成最後の日のお昼過ぎ、

息子が追突事故にあいました。

 

息子は車を運転中、右折しようとしたところ

横断歩道に歩行者がいたので止まったところ

後ろから来た車に追突されました。

 

追突した車は、

完全な前方不注意だったようです。

歩行者が見えなくて

とまるとは思っていなかったのでしょうか。

 

もともと右折しようとしているので

スピードが出ていたとは思えませんが、

そこそこの衝撃があったようです。

 

事故にあったという電話をもらった時に

「からだはどう?」と聞いたのですが

「首はちょっと痛いけど、そこまででは・・・」

とのこと。

 

それを聞いてちょっと安心はしたのですが

「でも、これから痛くなるかもだから

無理しないでね」と。

 

すると、「これから友達と出かける予定なんだけど

行っても大丈夫だよね?」と言われ

「あとが心配だから、あまり遠くへは

行かない方がいいんだけど」

と答えはしましたが

「大丈夫だから行ってくるね」と

そのまま出かけてしまいました。

 

そして・・・

「やばくなった」と帰ってきました。

「これが母親の言っていた事故の怖さか」と。

 

そう、時間がたってからだんだん痛くなるのが事故の怖さです。

 

今年のゴールデンウィークは特に休みが長く

10連休というところも多かったのですが

あなたはこんな時に事故にあったら

病院はどうやって探しますか?

 

仕方がないので、諦めて連休が明けたら病院へ!

・・・でもそれだと痛みを我慢することになりますよね。

 

でも、ご安心ください!

こんな時は、救急病院を案内していただけるところがあるので

そこに電話をすれば当日の担当を教えていただけます。

 

八王子の場合は、広報に休日の担当病院や

救急案内の番号が載っています。

救急案内は

℡ 042-521-2323  です。

 

市の広報にも休日の担当病院は載っていますが

救急案内に電話をすると

広報に載っていないところを紹介されることもあります。

救急の内容が異なるので全部を載せてないのかもしれません。

(あくまでも個人的な推測です)

 

「交通事故にあったので

今あいている整形外科を教えてください。」

と言って、自宅(もしくはその時にいる場所)を伝えると

なるべく近そうなところから紹介していただけますよ。

 

ただ、必ずしも整形外科の医師が担当とは限らないので

今から行っていいか電話で確認してから行くように言われます。

何度か利用したことがありますが

数回に1回くらいは断られますので

くれぐれも事前確認は怠らないでください。

 

病院は、できるだけ大きなところがおススメです。

大きい病院の方が設備が充実しているので

必要な検査が受けやすいというのが理由の一つ。

 

もう一つは、通院はなるべく行きやすいところを

探した方がいいので

転院するときにあまり気を使わなくて済むから

という理由です。

 

今回の事故はゴールデンウィーク中で多くの病院が休みだったので

救急で案内された大学病院に連れて行きました。

 

息子の場合は、実家を出て普段は一人暮らしをしているので

まずは診断をしていただきました。

 

その後はきたの整骨院でリハビリ・・・といきたいところですが

その時は施術はしましたが

ふだんのリハビリの場所は

息子の住んでいるのマンションに近いところにある

整骨院を探しました。

夜も遅くまでやっているし

日曜日の営業もあったのが決め手でした。

 

通う病院・整骨院を決めたら

あらかじめ保険会社の担当者に

病院の名前を伝えておいた方がいいです。

そして、病院に行く際は

比較的多めにお金をもって行くことをお勧めします。

 

交通事故の保険は、通常は健康保険を利用しません。

ですから、普段健康保険で3割負担なのに対し

交通事故は全額支払う必要があります。

たとえ被害者であっても

初回の診察は特に

一時的に費用を立て替えるケースもあります。

 

あらかじめ保険会社から病院に連絡してあれば

病院が保険会社から費用をうけとる流れになるので

立て替えしなくてもすむので

余計な心配と手間から解放されます。

 

息子を連れて行った東海大学病院は

休日診療の場合は、後日支払いに来てくださいと言って

その日は帰されました。

休み明けに支払いに行ったときには

保険会社との連絡がついており

支払いはしないで診断書をもらって帰りました。

 

整骨院の方は、保険会社には連絡してありましたが

保険会社の担当者が休み中は不在ということもあって

担当者との話ができるまでは

デポジット(保証金)で5000円を支払って施術を受け

担当と話がつながったらその5000円は戻す

というシステムになっていました。

 

きたの整骨院では、

交通事故の内容や保険会社の対応のお話をうかがって、

自動車保険で対応できそうであれば

デポジットはいただいていません。

相手が無保険などの場合は

いったんお支払いいただいています。

 

事故はだれしも起こしたくないものなので

注意を払って運転はしていると思いますが

時間を戻すことはできません。

事故にあってしまったら

きちんと診断をうけて

必要な施術をすることをおススメします。

 

事故の痛みは あとになってでてくるものもあるので

とにかく1週間くらいは様子をみて

痛みや違和感があったらすぐに病院で診断を受け

早めにしっかり治しましょう。

 

交通事故によるケガ・むち打ちの施術なら

きたの整骨院 におまかせください

℡ 042-644-8908