送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

【交通事故】当て逃げの交通事故にあった時は・・・ | 八王子・大和田町 きたの整骨院 きたの整体指圧院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 7月の記事一覧

【交通事故】当て逃げの交通事故にあった時は・・・

2019.07.22 | Category: 交通事故

あなたは交通事故にあった時、

何をすべきか、ご存知ですか?

 

交通事故は、予期せずおこります。

あなたは今までに交通事故にあったことがありますか?

交通事故にあたとき、まず何をすべきかご存知ですか?

 

ほとんどの人は、何度も交通事故にあっていないので

実際に交通事故にあったとき

あわてて 何をしたらいいのか

わからなくなりがちです。

交通事故が初めて・・・という訳でなくても

冷静に、適切な行動をとれるかというと

難しいことが多いですよね。

 

例えば、もし車にぶつけられて

その車が何もせず逃げていったとしたら・・・

あなたどうしますか?

 

昨今のあおり運転等の事故があってから

ドライブレコーターも以前よりは普及しています。

でも、すべてにドライブレコーダーがついているわけではないですし

とっさに逃げて行った車のナンバーの写メをとろうと

即座に動くのも難易度が高そうです。

 

パッと見てはっきりと記憶しておけるかも

難しいところですよね。

では、相手がそのままわからずじまいになったら

当てられ損で どうすることもできないのでしょうか?

 

・・・全く希望を捨ててはいけません。

 

必ず警察を呼んで 確認をしてもらってください。

事故証明をとることも必要ですし

当て逃げした人を見つけてくれることもあります。

 

それ本当? と思われるかもしれませんが

実際の当院のお客さまでも

加害者が 事故のあと逃げてしまったものの

警察が見つけてくれた というケースが複数あります。

日本の警察って優秀ですね。

 

防犯カメラや目撃者、車やさんへの聞き込み等

何かしら手立てを考えていただけそうです。

(方法までは聞いていませんので、あしからず)

 

加害者が見つかれば

加害者 もしくは加害者の保険会社に

施術費や事故で壊れてしまった修理代を

請求することができます。

その際にも「事故証明」が必要になるので

警察への届けは大事ですね。

 

仮に加害者が見つからなかった場合でも

ご安心ください。

通院費は支払いをしてもらえる被害者保護のための制度もあります。

だから、諦めないで警察への届け出をしておきましょう。

 

車に乗っている方は

日本では必ず自賠責保険に加入することが義務付けられていますが

その保険の内容まで熟知している人は

あまりいらっしゃらないと思います。

 

だから、何がどう利用できるのかわからず

本来受けることのできる補償を

うけそびれてしまっている方も

実はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実際に事故にあうことがなければ

なかなか見直すこともないでしょうが

自動車の任意保険の切り替えの時には

保険の内容をしっかり確認してみるのも

いいかもしれませんね。

 

わからないことがあれば

ご自身の加入されている任意保険の担当者にご相談いただくのもいいですが

ちょっとしたことならきたの整骨院でもおこたえできますので

お気軽にご相談ください。

 

きたの整骨院

℡042-644-8908