送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

【交通事故】交通事故にあってしまったら・・・ | 八王子・大和田町 きたの整骨院 きたの整体指圧院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 10月の記事一覧

【交通事故】交通事故にあってしまったら・・・

2019.10.03 | Category: 交通事故

もしも運悪く、交通事故にあってしまったら・・・

まずは車(バイク・自転車も)を安全なところに移動して

警察を呼びましょう。

大きな交通事故なら救急車もですね。

 

もし、相手のある交通事故なら

必ず相手の名前と連絡先は確認しましょう。

念のため相手の車のナンバーも

控えておくといいですね。

 

今はほとんどの方が携帯電話を持っているので

交通事故現場や 相手の車のナンバー・免許証

自分の車の壊れたところ

ケガの状態など

気が付いたところを写メをとっておくと便利です。

 

そして、目撃者がいたのであれば

その方の連絡先も伺っておきましょう。

 

交通事故はいろいろなパターンがあるので

一概には言えないですが

とにかくちょっとした交通事故でも

その場で警察を呼んで

事故の証明をとっておくことが大事です。

 

「事故証明をとっておかないと、交通事故の保険が適用されない」

これが最も大きい理由です。

交通事故の場合、痛みがあとで出てくることが少なくありません。

交通事故のあと、やっぱり病院に行ってみようと思ったときも

あとになって痛くて数日後に病院に行ったとしても

治療費が自腹になってしまいます。

 

一回の通院でよくなればまだいいのですが

痛くなったら 何度か通院することになりますよね。

でも、医療費の負担も痛い出費になる。

そうなると、病院からも足が遠のきがち。

そして、痛いのに治療も受けられない・・・

痛みが長引く・・・ ずっと辛い・・・

完全に負のスパイラルですよね。

 

実は私自身も、過去に苦い経験があります。

 

自転車で歩道を走っていたとき、

団地の敷地から道路に出ようとした車に衝突されました。

 

当時私は大学生。

大学の授業に遅れそうで急いでいた時の事故でした。

 

車は車道に出ようとしていたところだったので

さほどスピードが出ていたわけでなく

私は、ぶつかってちょっと転んだだけ。

さほどひどい怪我をしているわけでもないし

授業の遅れそうなのであせっていたところなので

「私は大丈夫ですよ~」

と、すぐに大学に向かおうとしました。

 

相手はとてもよさそうな人ですごく謝っていたし

ここで警察呼んだらこの人の免許に傷がついてかわいそう。

と思ったのもあって

連絡先だけ聞かれたので、それにお答えしてその場を去りました。

 

でも・・・ 実はこれから先がたいへんでした!

夜になってくるにつれて

どんどん足が痛くなって 動けなくなりました。

一人暮らしだったので病院にも行けず

ただ痛みを我慢して寝ていました。

 

そこに電話のベルが!

(当時は携帯電話はないので家電です)

電話の相手は、交通事故を起こした運転手。

「あれからどうですか?」と。

今思うと、私はとてもいい人にあたってました。

(という言い方が適切かどうかはわかりませんが)

正直に その後痛くなって今は動けず寝ているということを告げると

加害者の方が慌てて家に迎えに来てくれて

病院に連れて行ってくれました。

 

あとで聞くと、加害者の方はやはりそのままでは・・と思い

自分で警察を呼んで交通事故の届け出もしたとのこと。

加害者の方が とても良心的だったので

私は無事病院に行って痛み止めをもらえましたが

きっとこれはかなり稀なケースですよね。

 

当院には

・加害者が一言声をかけただけで去ってしまい

あとから警察に行って加害者を突き止めた・・・

(警察が車やを回って交通事故の形跡の車を探した)

・加害者が追突したあとそのまま逃げていったので

車のナンバーで加害者を探した。

など、悪質な加害者にあたった方もいます。

 

でも、警察に届けておくことで

犯人が見つかったり その後の補償を受けられたり

といったことができているので

まずは警察を呼んで事故の届を出しましょう。

 

加害者に逃げられたりとか

加害者が保険に入っていなかったということがあっても

事故で負傷したことが証明されれば

最低限の補償はうけられる制度もあります。

そのためにも、警察をよんで事故証明をとることは必要です。

 

交通事故は突然おこるものですし

何度も経験するものではありませんから

とまどうことも多いと思います。

 

きちんとケガがないか様子をみて

一度は病院に行って診断を受けること、

相手の連絡先をきちんと確認し

事故証明もしっかりとること。

 

あとあと後悔しないように

しっかりやるべきことをしましょう!

 

交通事故後のケガの施術、

交通事故の手続き等についてのご相談は

きたの整骨院 におまかせください。

℡ 042-644-8908

 

 

 

【八王子 妊活】妊娠力アップ講座やっています!

2019.10.01 | Category: 不妊・妊活

きたの整体 つばめ通信(ニュースレター)をお届けします。

妊娠力アップ講座 会員30年 きたの整体 ニュースレター

秋花粉症 水分不足 きたの整体ニュースレター

開院30年のアンケートに答えていただいた皆様
ありがとうございました!

22歳という若さで開業しましたが
皆様に支えられて 30年も続けることができています。

皆様にいただいた声を励みに
さらに努力していきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いします!

きたの整体指圧院