送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

産後骨盤矯正 | 八王子・大和田町 きたの整骨院 きたの整体指圧院

お問い合わせはこちら

産後骨盤矯正

産後の腰痛やスタイル改善には、八王子・大和田町 きたの整体の産後骨盤矯正

産後は骨盤が開いたりゆがんだりしているかも 自分ではわかりづらいので、産後ママの骨盤チェックシートで確認しましょう 妊娠前のジーンズがはいらない 出産後恥骨・尾骨が痛む 尿漏れ 産後骨盤がぐらぐら 上向きだと骨盤の骨があたる いすにすわると尾てい骨があたる 横座りやぺちゃんこすわり 子どもを骨盤にのせてだっこ イスで足を組む 産後O客 あかちゃんと一緒のふとんで寝る 骨盤が広がったままだと骨盤まわりに余分なお肉 出産回数を重ねることにジーンズが1サイズあがる 骨盤がひろがって腰痛に 骨盤周辺のトラブル 痛み 女性特有の症状 改善予防に産後骨盤矯正
国家資格をもった施術者が担当するので安心

 

         妊娠・出産は、身体にとって大きな変化です!

       ・・・だから不調もおこりやすくなりますが、

          きちんとケアすれば大丈夫! 

 

 

Q. どうして、産後に骨盤矯正が必要なの?

産後 お母さんと赤ちゃん

女性の身体は、妊娠・出産によって大きく変化します。その一つが骨盤。出産前後になると、ホルモンの影響で靭帯が緩み始め、骨盤が開きやすくなります。赤ちゃんをスムーズに出産するためには大切な緩みですが、一方で骨盤が不安定な状態になります。ですから、出産後に骨盤矯正によって正しい位置に戻してあげることが必要です。

もうひとつ忘れがちなのが、出産や子育てによる姿勢の変化です。赤ちゃんがお腹にいるときは、お腹の重みを支えるために腰が反ってきます。また、子育てをしていると、お子様を抱っこしたりおんぶしていることも多くなってきますので、姿勢が崩れてきます。でも、慣れてしまうとその癖に気づかずに過ごしてしまい、それが姿勢の悪さにつながることにもなります。

きたの整体では、骨盤を矯正するだけでなく体をトータルでみていき、必要なアドバイスもしています。

 

Q. 骨盤が歪むと、どんな症状がでてくるの?

骨盤が歪んだ状態で生活すると、ひどい腰痛に悩まされたり、体重が元に戻らなかったりと様々な支障を来します。尿漏れ、下半身太り、関節や恥骨の痛みを訴ええる方もいらっしゃいます。さらに二人目以降の不妊の原因にもなりかねないとも言われています。

骨盤がゆがんだまま放置しておくと、血液も滞りがちになって下半身の冷えやむくみ・生理不順の原因につながることもあります。

 

Q. 骨盤矯正は、痛くないの?

きたの整体の産後骨盤矯正は、痛くないソフトな矯正です。

身体の構造に詳しくない方は骨盤が開くというと骨盤自体が大きく動く事をイメージされていることが多いですが、そう大きく動く事はありません。筋肉のバランスのくずれからくるほんのちょっとのずれです。でも、そのほんのちょっとが不調をまねくので、それを上手く調整することで辛い腰痛を改善し、理想の体型に戻すことができます。

骨を鳴らすのではなく、「仙腸関節」とよばれる骨盤の中心部分を軽く調整し、まわりの筋肉を緩めることでそれを安定させますので、痛くない施術ですのでご安心ください。

 

Q. 産後の骨盤矯正は、いつ・どのくらいやればいいの?

産後骨盤矯正は、骨盤のゆるみがおちついてくる産後6ヶ月以内であれば元のかたちに戻りやすいと言われています。

最も効果的なのは産後2ヶ月~6ヶ月になりますので、その時期を目安にきたの整体へご来院下さい。矯正の回数は状態にもよりますが、2~5回くらいと考えていただければよいと思います。

骨盤矯正は、1回でもいい状態に戻ります。でも、その状態がずっと続くわけではありません。日常生活を送っていくとまただんだんずれてきます。
だから、前の状態まで戻ってしまう前にまた骨盤矯正することでいい状態に戻します。こうして回数を重ねることでいい状態が安定してきます。一度だけで終わらせてしまうとせっかくの効果が半減してしまいますので、安定するまで数回続けてみることをおススメしています。

 

Q. 子どもを連れていってもいいですか?

自分のケアをしたいけれど、子どもがいるから・・・そう思ってあきらめている方もご安心ください!

きたの整体でお子様連れでの施術をご希望の方は、あらかじめ予約時にご相談ください。ほかのお客さまのご迷惑にならない時間帯をご案内します。おひとりで待つことのできるお子様は待合室でお待ちいただけますし、スタッフの手があいている時間であればお子様をお預かりすることもできます。まずは、お気軽にご相談ください。

 



症例1 25歳 女性 (子供:6か月)

◆症状:

10代のころから腰が痛い。下腹部・鼠径部にも痛みがあり、子供を産んでからそれがさらにひどくなった。

◆施術経過:

初診時、かなり姿勢が悪かった。肩背がとてもまるくなっており、腰が反っている。本人に鏡で姿勢を見せて姿勢を正すように言うと、さらに腰をそらしていたので、本人の自覚がないことがわかったのでまずはそれを認識してもらう。肩背をほぐしてバランスを矯正し、背中のストレッチをアドバイス。

◆お客さまの感想

体がだいぶ軽くなりました。

 

症例2 33歳 女性 (子供:1か月)

◆症状:

子どもを産んでから、肩や首の痛みや目の疲れがあり、授乳の時など子供の世話をするときの姿勢が特につらい。

◆施術経過:

初診時、肩背の硬直と腹筋のゆるみ、バランスの乱れがあった。背中を中心にほぐして骨盤を矯正すると症状がとれた。

◆お客さまの感想:

1回目の施術で、気になっていたところがよくなり、2回目でそれがさらに軽くなりました。

 

症例3 30歳 女性 (子供:1歳6か月)

◆症状:

肩や腰が痛い。ふだんから痛いが、かなり前から痛いのをがまんして子育てしている。

◆施術経過:

初診時、背中が硬くバランスが悪かった。妊婦の時に腰がそり、子育てでゆがみがひどくなったと考えられる。体をほぐしてバランスを整えると、症状が軽くなった。

◆お客さまの感想:

かなり腰が痛かったのに、痛くなくなってうれしいです。

 

症例4 34歳 女性 (子供:1か月、2歳、4歳)

◆症状:

腰痛、手首の腱鞘炎。子育て、特に授乳時に子供の頭を手で支えるときに手首が痛いのが一番つらい。

◆施術経過:

初診時、骨盤にゆがみがあり、首から背中にかけてかなり硬直していた。上半身をじっくりほぐし、骨盤を矯正すると気になる症状がとれた。

◆お客さまの感想:

体がとても軽くなりました。あれほど痛かった右の手首が、2回目に来た時聞かれるまで痛かったことを忘れていたくらい気にならなくなりました。

 

症例5 28歳 女性 

◆症状:

出産後、腰が痛いし、床に座るとおしりが痛い。

◆施術経過:

初診時、特に太ももの筋肉が硬くなっていたのでそれをほぐして骨盤矯正。

その後、数日は調子がよかったがだんだんも元の痛みがでてきた。再度施術したあとは痛みがとれた。

◆お客さまの感想:

ストレッチや座り方をアドバイスしてもらったので、これからやるようにします。

 

症例6 36歳 女性 (子供:9か月、3歳)

◆症状: 

腰の痛み。座っていても立っていても痛い。3か月、別の整体に行ったが痛みがとれない。

◆施術経過:

初診時、腰と太ももをほぐして骨盤矯正すると痛みがとれた。サポーターをすると腰が安定した。

2回目のときは、かなり痛みがとれていた。ふだん、肩こりも気になっているのでそちらもあわせて施術した。

◆お客さまの感想:

3か月間他の整体で全くよくならなかったのに、ここにきてちょっとやってもらったら楽になって信じられないです。思い切ってきてよかった。

 

 

産後は骨盤矯正のチャンス!!

きたの整体に産後の骨盤矯正にいらっしゃる方は、「実は妊娠前から腰痛はひどいんです」とか「妊娠前から肩こりとか頭痛がよくあります」という方も少なくありません。出産後の骨盤が緩んでいるときに「今が治すチャンス!」と思ってください。これから育児も忙しくなってきますので、お母様自身の体調を整えることがその後の育児をする上でも大切になってきます。