TEL

【不妊・妊活】冷えに注意!

2018.06.11 | Category: 不妊・妊活

梅雨になると

また気温が変化しがちですよね。

 

妊活で大事なことのひとつに

「しっかり血液循環させる」

とはいえ、もちろん妊活にも大切ですが

これは 妊活でなくても健康には大切ですよね。

 

まずひとつは、きちんと温める!

とにかく冷えは大敵です。

これからの時期、エアコンで冷やしたりとか

暑いからといって布団をはだけて寝たりとか

あとは 冷たいものの飲みすぎなど

むやみに体を冷やさないよう気をつけてください。

 

我が家もこの時期は家の中が洗濯物でいっぱいになるので

エアコンの除湿機能を使っているのですが

気が付くとかなり冷えてしまっていることもあります。

温度設定を考えて 冷やしすぎないように

したいものですよね。

 

もうひとつは、きちんと発汗させること。

例えば、就寝時の靴下。

「私は冷え性だから・・・」と

靴下をはいて寝ている人がいますが

そうすると熱がこもってしまって

脳は逆に「体を冷やさなきゃ」というふうに

働いてしまいます。

 

汗をかいて きちんとふかないのもダメですよね。

冷えた汗は 逆に体を冷やすことにつながります。

 

あとは、なるべく筋肉をつけることです。

動脈の血は 心臓のポンプによって全身に送られるのですが

それを体から戻す静脈にはポンプがありません。

 

からだを動かすことによって

筋肉がポンプの役割を果たすので

適度な運動をして ポンプ作用をおこすことも必要です。

「私、運動は好きじゃないから・・」という方は

足首や手首を動かすだけでもOK.

リンパマッサージもおススメです。

 

血液は、栄養や酸素を運ぶ 大事な役割をもちます。

血流をよくして、からだを元気にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【交通事故】梅雨とむち打ちの関係は?

2018.06.10 | Category: 交通事故

梅雨は、過去にむち打ちを経験された方は

辛い時期ではないでしょうか?

「いや、私は天気は別に関係していないんだけど・・」

という方もいらっしゃいますが

こういう気圧が低い時期になると

特に症状がつらくなるとおっしゃる方は少なくありません。

 

特に、事故のあと適切な施術をしていない方は

そう感じることが多いようです。

「事故にあってなんか調子悪いんだけど

仕事も休めないし、病院通いはまぁいいや」

なんて考えている方がまわりにいらしたら

「なんか、そのままにしておくとあとがたいへんらしいよ」

とアドバイスしてあげてください。

 

実際に、当院のお客さまの中にも

「事故のあとはそうでもなかったんだけど

何年かしたら痛くなってきたのは

やっぱりあの時の事故のせいだったのかなって

思うことありますよ」

という方の声を 複数耳にしました。

 

当院では、忙しくて病院通いをあきらめている方にも

安心して通っていただけるように

交通事故のお客さまには 時間を延長して対応しています。

「仕事が終わる時間なんて不規則だから

予約なんてできないよ・・」という方も

ご安心ください!

 

当日 あらかじめご連絡いただければ

施術可能な時間をお伝えして

当日ご来院いただくことも可能です。

 

例えばこんな感じ

お客: 「あと30分くらいで行けそうなんですが大丈夫ですか?」

院:  「数分待っていただくかもしれませんが、大丈夫です。」

お客: 「じゃぁ、早く着きすぎたら待ってます」

 

病院だと遅くても7時前に受付が終わってしまうことがありますので

とても助かると皆さん、言ってくださっています。

 

もちろん、施術の方も好評で

「病院では、ここまでやってくれなかったから

もっと早くここに来ればよかった」

と言われることがしばしば。

 

交通事故の後遺症の実績は数多くありますので

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

【交通事故】弁護士特約に入っていますか?

2018.05.03 | Category: 交通事故

ゴールデンウィークの渋滞のニュースとともに

事故のニュースも入ってきますね。

 

事故にあったとき

被害者となってしまった場合は

相手の保険やさんとのやりとりとなります。

 

事故には何度もあうわけでもないので

保険のしくみとかは

普通はよくわかりませんよね。

 

そうなると、

相手の言うがまま・・・ということに

なってしまいます。

相手が良心的な方なら問題ないのですが

お客さまから相談されるのは

「まだちょっと痛みが残っているのに

もう打ち切りですって言われるんですが・・」

といった内容。

 

本来は、お客さまは痛みがなくなるまで

きちんと施術すべきなのですが

「打ち切り」と言われてしまうと

そうなのかな と思ってしまいます。

 

また、最後に示談になった段階で

慰謝料やら交通費などが支払われるのですが

それが適切に提示されていないケースもあります。

 

そんな時に、適切な対応をアドバイスしてくださるのが

弁護士の先生。

これは、自身で車の保険に入るとき

「弁護士特約」をつけていれば

弁護士費用は保険で支払うことが可能です。

弁護士特約は、車の保険の他

自宅の火災保険で入っていることもあるので

確認していただくことをおススメします。

 

「弁護士を使うってちょと抵抗が・・・」

と言われたお客さまもいらっしゃいましたが

弁護士を入れることがマイナスに働くことはないので

あまり気になさらなくてもいいと思います。

 

でも・・・と言われる方には

「こんなこと言われたけど」

「こういうときはどうしたらいいの?」

ということがあれば

きたの整骨院では 提携している弁護士さんに

院の方から質問しておこたえもしていますので

わからないことがあったら

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

【交通事故】事故の診断は病院へ

2018.05.01 | Category: 交通事故

交通事故にあった時は

かならず病院の診断をうけてください。

交通事故に関しては

整骨院でも診断書を書くことができます。

でも、保険会社では

病院の診断書でないと認めない

というところがほとんどです。

 

病院は、レントゲンやMRIがあるので

画像診断ができるということと

何より医師の診断を

重視しているからです。

 

でも、からだは痛くても

仕事でなかなか病院のあいている時間に行けないとか

病院は時間がかかるので行きたくないとか

おっしゃる方もいらっしゃいます。

 

そんな時は、

事故の保険を使うには医師の診断が必要

どうしても時間が取れないときは救急の病院へ

ということをお話しています。

 

一般の病院が閉まっている時間帯でも

必ず救急受付を受け付けている病院があります。

その地域の救急案内へ電話をすると

今いる場所からなるべく近い病院を2、3件

案内してもらえます。

救急案内の電話がわからないときは

119番に電話をすれば

教えてもらえますので

そこで行きやすそうな病院を

選んでもらえばいいと思います。

 

救急病院はあくまで救急なので

後日、一般の整形外科に行くように言われますが

事故から時間がたってから病院に行くと

いくら事故のあとずっと痛かったと言っても

事故との因果関係があるかわからないと

言われてしまうケースもあるので

事故にあったときは、

2、3日中には病院にいくことを

おススメします。

 

事故の手続きや施術についてわからないことがあれば

きたの整骨院へご相談ください。

 

【交通事故】事故にあってしまったら・・・

2018.04.30 | Category: 交通事故

もしも運悪く、事故にあってしまったら・・・

まずは車を安全なところに移動して

警察を呼びましょう。

大きな事故なら救急車もですね。

 

もし、相手のある事故なら

かならず相手の名前と連絡先は確認。

念のため相手の車のナンバーも

控えておくといいかと。

 

事故はいろいろなパターンがあるので

一概には言えないですが

とにかくちょっとした事故でも

その場で警察を呼んで

事故の証明をとっておきましょう。

 

私自身の経験では

自転車で車に衝突されたことがあるのですが

「ちょっと転んだだけなので大丈夫ですよ」

と済ませたことがあります。

 

でも・・・ 実はこれから先が。

夜になってくるにつれて

どんどん足が痛くなって

動けなくなりました。

一人暮らしだったので病院にも行けず

ただ痛みを我慢して寝ていました。

 

そこに電話のベルが!

(当時は携帯電話はないので家電です)

電話の相手は、事故を起こした運転手。

「あれからどうですか?」と。

正直に今痛くなっていることを告げると

慌てて家に迎えに来てくれて

病院に連れて行ってくれました。

 

あとで聞くと、やはりそのままでは・・と思い

自分で警察を呼んで事故の報告をしたとのこと。

加害者の方が とても良心的だったので

私は無事病院に行って痛み止めをもらえましたが

きっとこれはかなり稀なケースですよね。

 

実際に当院には

加害者が一言声をかけて去ってしまい

あとから警察に行って

加害者を突き止めた・・・

というお客さまも複数いらっしゃいました。

 

事故は突然おこるものですし

何度も経験するものではありませんから

とまどうことも多いと思います。

でも、きちんとケガがないか様子をみて

一度は病院に行って診断を受けること、

相手の連絡先をきちんと確認し

事故証明もしっかりとること。

 

あとあと後悔しないように

しましょう!

交通事故後のケガの施術、

交通事故の手続き等についてのご相談は

きたの整骨院 へ

℡ 042-644-8908

 

 

 

【交通事故】ゴールデンウィークは、事故に注意!

2018.04.28 | Category: 交通事故

車の多いゴールデンウィークは、渋滞による事故も多いですが

ふだん車の運転をしていない人が運転することも多くなるので

事故はどうしても増えてきてしまいます。

 

危ないから運転は避けましょうとは言いませんが

とにかく気を付けて車に乗りたいものです。

 

そういえば、先日

私が運転しているすぐ横で

追突事故がありました。

 

私は信号で止まっていたのですが

隣は右折レーンで

右折の表示が消えて止まった車の後ろから

ドーンとタクシーが衝突。

前の車がワンボックスだったから

信号が見えづらかったのか

そてとも先を急いでいたんでしょうか。

 

いずれにせよ、大きな事故ではなかったですが

車はへこんでいましたし

追突したタクシーには

後ろにお客さんが乗っていましたし

やっぱりむち打ちとかに

なってしまうかなぁと。

 

事故はだれしも起こしたくないものなので

注意を払って運転はしていると思いますが

時間を戻すことはできないので

事故にあってしまったら

きちんと診断をうけて

必要な施術をすることをおススメします。

 

事故の痛みは あとになってでてくるものもあるので

とにかく1週間くらいは様子をみて

痛みや違和感は

早めにしっかり治しましょう。

 

交通事故によるケガ・むち打ちの施術なら

きたの整骨院

℡ 042-644-8908

【不妊・妊活】断捨離と妊活

2018.04.27 | Category: 不妊・妊活

不妊整体の勉強を始めたとき

どうしてもわからないことがひとつ。

「不妊施術をやっている病院はいっぱいあるし

医療技術は年々進歩しているはずなのに

どうして不妊のお客はたくさんいるんだろう。」

ということ。

 

その疑問を、日本不妊整体協会のトップであり

セミナーの講師をされていた粟木原先生に

なげかけてみました。

 

「どうしてだと思う?」

・・・それがわからないから聞いたんですよ~(心の声)

 

「僕は、足し算ばかりでなく

引き算も大切だってこともあると思うよ。」

 

つまり・・・です。

断捨離や片付けと同じ?

家の中にいろいろ詰まっていても

それがうまく使えていなければ意味がなく

不要なものを捨てて

必要なものがすぐに使えるようになると

生活がしやすくなる。

 

ホルモン剤とか薬とかも必要かもしれないけど

それをうまく働かせるためには

からだの中のよけいなものを出すのも大事。

リンパの流れをよくしてむくみをなくすのもそうだし

生理で不要な経血をだしきるのもそうだし

便だってちゃんとだした方が・・ということ。

古いものをしっかり出した方が

新しいものが入りやすいし

からだも働く・・ということ。

 

そのためにできること

いっしょに考えてやっていきましょう。

 

 

【不妊・妊活】活性酸素に注目!

2018.04.26 | Category: 不妊・妊活

妊活にとって ストレスは大敵・・

ということは何度か書いたと思いますが

ストレスがたまると

交感神経の方が働きすぎて

リラックスできなくなり

血流も悪くなるんでしたよね。

 

そこで、きたの整体でおススメしているのが

「エアナジー」です。

聞きなれない名前だとは思いますが

活性酸素を除去するためにドイツで開発された

活性酸素除去装置です。

 

ドイツは、医療に関してはかなりの先進国。

日本ではあまり聞きなれない「エアナジー」も

ドイツでは医療機器として

病院などでも使われているすぐれものです。

 

活性酸素は、酸素がちょっとへんな形になったものと

イメージしてください。

からだの中で増えすぎてしまうと

細胞に悪さをして

不調をおこす原因となります。

 

エアナジーはこの活性酸素をからだから取り除いて

代わりに酸素を採り入れるので

「吸うサプリメント」とも言われています。

 

使い方は簡単、専用のチューブを鼻につけ

あとはリラックスしているだけ。

普通に呼吸しているだけで

活性酸素が取り除かれます。

 

活性酸素が取り除かれ酸素が取り入れられると

血流がよくなってきます。

そうなると体中に栄養が行きわたりやすくなりますから

からだが元気になります。

 

妊活をするにあたっては

血流の改善は特に大事なことなので

積極的に使っていきます。

 

もちろん、妊活以外にも

疲労回復や不眠の改善をはじめてとして

いろいろな目的で利用されている方が

いらっしゃいます。

ぜひ、いちど利用してみてください。

 

 

 

 

【不妊・妊活】むくみは妊活の敵?!

2018.04.25 | Category: 不妊・妊活

妊活するにあたって

改善していただきたいことのひとつが「むくみ」

 

「むくみ」ってどうしておこるかご存知ですか?

むくんでいるのは、

リンパ液や血液の流れが悪く

滞っている状態です。

 

ふくらはぎをちょっと押してみてください。

押した状態が元に戻らないのが

むくんでいる状態。

 

むくみがでているということは

リンパ液はとても冷えています。

むくみが出やすい人は 冷え性でもありますよね。

 

この冷えたリンパや血液は

心臓の方へもどっていくのですが

その通り道にあるのが

・・・そう、子宮や卵巣です。

つまり、むくみがある状態だと

子宮や卵巣を冷やしてしまうのです。

 

冷えるとどうなるか

・・・子宮や卵巣の働きが悪くなり

結果としていい卵胞が作れなくなります。

 

血流が悪いということは

ホルモンの働きもにぶくなるので

これまた問題。

 

つまり、むくみをとることは

とても大事ということです。

 

院では温熱や整体で血流をよくしていきますが

自宅で自分でできることもあります。

 

ひとつはふくらはぎのマッサージ

内くるぶしの上から膝の方に

マッサージしてみてください。

ふくらはぎにあるツボを押すのも

おススメです。

 

もうひとつはかかとの上げ下げ。

立った状態で10回を 気づいたときに。

デスクワークの人には

座った状態でもいいです。

ふくらはぎの筋肉を動かすことで

血液のポンプ作用が働きます。

 

むくみは自分でも気づきやすいポイントなので

ぜひ解消できるようにがんばりましょう!

 

 

 

 

【不妊・妊活】妊娠するのに必要な栄養は?

2018.04.24 | Category: 不妊・妊活

子どもがほしい・・と思ったら

これさえ飲めば すぐに妊娠する

なんて そんな薬あるといいですね。

 

でも、なかなかそんな訳にはいかないので

まずは 必要な栄養を

きちんとることが基本だと考えています。

 

一般的には 糖質はなるべく控えて

タンパク質や鉄・ビタミンなどを

しっかり食事でとること。

それでも足りないところは

サプリメントで補うのもいいですね。

 

せっかく体を整えようと施術したのに

必要な栄養が体に入ってこないと

意味がありません。

 

また、その栄養がしっかりからだに入っていくには

胃や腸の調子を整えることも

必要になってきます。

そこには施術も貢献します。

 

あとは、とった栄養素がきちんと吸収されるのに

材料の組み合わせも必要になってきます。

 

病院で必要な時期に必要なホルモン剤を足したり

薬を飲んだりするのが悪いということではありません。

 

より、その効果を高めるためにも

自分の体をしっかり作っておくのが

ベースとしてある方がずっといいと思いませんか?

 

病院でホルモン検査などをしても原因がわからなかった人が

栄養状態を調べる検査をして

初めて足りない栄養素があったのをみつけ

それを補ったらすぐに妊娠できた

というケースもあるくらい

栄養状態は大事です。

 

特に注目してもらいたいのがフェリチン(貯蔵鉄)です。

普通のお医者さまで検査できないこともありますが

これが低いことで妊娠にいたらない方もいらっしゃいます。

 

ふだんの食事に目を向けて

バランスよく栄養をとるよう心掛けましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒192-0045 東京都八王子市大和田町 7-6-43
駐車場4台あり
電話番号042-644-8908
予約※完全予約制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日