LINE 電話
LINE

腰痛・産後骨盤矯正・妊活・むち打ち改善なら八王子きたの整骨院・きたの整体指圧院にお任せ下さい。

042-644-8908

ブログブログ

Blog記事一覧 > 腰痛 - 八王子きたの整骨院・きたの整体指圧院の記事一覧

腰痛を我慢し続けていませんか? あなたの腰痛の原因は?

2023.09.02 | Category: 整体

腰は体の中心にあり、ふとしたことで痛めやすい部分でもあります。腰痛にお悩みの方は多数いらっしゃいますが、なかなか改善しないと痛みを諦めてしまっている方が多いです。

 

腰痛の女性 

 

腰痛で、このようなお悩みはありませんか?

・朝、腰が痛くて起きるのに期間がかかる

・顔を洗うのに、前かがみになるのが辛い

・椅子に座り続けていると、だんだん腰が痛くなる

・座った姿勢から、立ち上がるのが辛い

・腰がいつも思い

・ひどくなるのが怖くて、コルセットが手放せない

・痛み止めの薬や湿布がきかない

 

きたの整体では、慢性的な腰痛からぎっくり腰のような急性の腰痛まで、様々な症状の腰痛でお悩みの方からお喜びの声をいただいています。

 

腰痛は治らない?

腰痛になると、まず思いつくのが「整形外科」です。病院でレントゲンやMRIで、腰痛の原因を探ることが可能です。でも、画像で原因がはっきりと診断できず、薬を飲んで様子をみましょうと言われた経験はありませんか? 実はレントゲンやMRIで原因が特定できるのはほんのわずかで、特定できないものの方がかなりの割合を締めています。

 

では、マッサージや電気治療をうけたら痛みが軽くなったけど、次の日にまた痛くなって何度も通わないとよくならなかったということはありませんか? これは、腰痛の原因には筋肉・骨・内臓・神経など 様々な要因が関わっているからです。単純に「腰の筋肉をやわらげる」たり、薬で痛みを抑えるでは根本原因が改善されず解決しません。

 

実は、痛みがでているところに原因があるとは限りません。腰痛を治したいのであれば、痛みがでている箇所以外の状態、仕事や日常生活での姿勢、食生活などいろいろな方面から原因を探っていくことが大切です。

 

『急性腰痛』と『慢性腰痛』は似て非なる状態

急性腰痛は、ぎっくり腰などのようにふとした動作や重いものを急に持ちあげたりしたときなどにおこります。一方慢性腰痛は、継続的に腰に負担をかけることで 痛みが続いている腰痛です。

痛みの箇所は同じでも、それが起こる原因や症状は全く違うので、それぞれにあった対応が必要です。

 

急性腰痛(ぎっくり腰)

急性腰痛は、急激に痛くなったときの腰の筋肉の炎症です。「ぎっくり腰」もそのひとつで、英語では「魔女の一撃」と言われるほど強い痛みを伴います。
適切な処置をすれば時間がたてば解消しますが、間違った処置をしてしまうとかえって悪化してしまったり、回復に時間がかかることもあります。

 

ぎっくり腰の男性

 

 

急性腰痛(ぎっくり腰)の原因

筋肉、背骨の周りの軟骨、椎間板のトラブルなどが考えられますが、レントゲンでも判断が難しいことが多く、、病院でも原因を特定できないケースがほとんどです。普段から背中や腰の筋肉が硬いときに、重いものを持ったり体を起こす際におこりやすくなります。

 

急性腰痛(ぎっくり腰)の対処法

ぎっくり腰は、当日から2,3日後までが痛みのピークになります。この受傷直後の対応がとても大事です。

 

・受傷直後はとにかく冷やす!

・無理に動かない

・お風呂に絶対入らない

・マッサージしない

 

痛みが強い急性期は、無理せず安静にしてください。医療機関は、痛みが少し弱まってきてからにすることをおすすめします。

休む時は腰を軽く曲げて横向きになり、足の間にクッションを挟み、腰に負担がかからない楽な姿勢をとりましょう。患部に湿布を貼ったり氷嚢をあてたりして、冷やしましょう。

痛み止めの薬は、痛みが強いときに使いましょう。ただし、それで痛みが治まったからといって動くのはよくありませんので、気をつけましょう。

 

きたの整体の施術

ぎっくり腰になったら、それがおきた時の様子や日常生活の動き、お仕事の内容など詳しくお聞かせください。
それによって、冷やす位置・温める時期・固定する方法や位置・施術の方法などを変えていきます。
適切な時期に適切な施術を行うことが、回復を早めるために大切です。

 

炎症がまだ残っていそうなときは、湿布をはり、テーピングやコルセットで固定します。症状に応じて固定の仕方はかわりますが、固定をすることで強い痛みを避けることができます。炎症があるときには、患部をあまり触らず、周りの筋肉を調整していきます。

炎症が落ち着いてくると、今度は周りの筋肉が硬くなってしまうことにより痛みが続きます。これらをバランスよくほぐしていくことで、早期回復を目指します。

より早く、より確実に回復に向かう方法はケースバイケースなので、お問い合わせの際は詳しくお聞かせください。

 

整体について詳しくはこちら

 

慢性腰痛

慢性腰痛は、継続的に腰にかかる負担から痛みが続きます。腰痛はからだのいろいろな部分が影響していますし、継続的にいろいろな原因が重なっていることも考えられます。
病院でレントゲンやMRIで検査をしても原因がわからないことも多いですが、いろいろな方面から探っていけば何らかの原因にたどりつくことも少なくありません。

 

慢性腰痛の女性

 

 

慢性腰痛の原因

慢性腰痛の原因としては 以下のようなことが考えられます。

 

筋肉の疲労・老化

・スポーツによる筋肉の使いすぎ

・姿勢の悪さ(足を組む、横座り 猫背 など)

・仕事などによる一定の筋肉の使いすぎ(パソコン作業  車の運転 など)

 

筋力不足

運動不足、加齢 肥満 など

 

内臓の働きの悪さ

内臓の病気 食べ過ぎ 大量の飲酒

睡眠不足 水分摂取不足 など

 

精神的ストレス

仕事や人間関係の悩み 身体的な悩み など

 

骨や神経の問題

椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 腰椎分離症 など

 

 

慢性腰痛の対処法

慢性腰痛の対処法は、それぞれの原因によって変わります。

原因がはっきりしていて、自身でそれを避けることができるのであれば、まずはそこから始めましょう。

原因がはっきりわからない場合は、専門家に相談するなどして原因をみつけて対処しましょう。

 

 

きたの整体の施術

きたの整体では、腰痛がなぜおこっているのか、その原因を知ることが改善の近道だと考えています。そのため、問診や体のバランスをみることを大事にしています。体のバランスが崩れているところは、崩れる原因があります。それを取り除くことをしないと、また同じように痛みがでてくるからです。

 

腰痛の説明をうける男性

 

きたの整体では、まず全身の状態や姿勢・骨盤のゆがみをみます。バランスが崩れているところをチェックして、なぜその姿勢になっているのか、なぜそこがゆがんでいるのかを探ります。痛いところだけを見るのではなく、周りからの影響も考えながら原因を探るのが基本です。そうやってチェックしながら、日常生活で考えられることなどを聞いて見つけることもあります。

 

原因を探っていく中で、骨や神経そのものに原因があると判断した場合は、無理に施術をすることはありません。このような場合は、病院へ行って検査をしてくることをお勧めすることもあります。

 

施術は、施術はマッサージやストレッチ・矯正を取り入れていますが、どれもソフトな施術なので、痛くないのでご安心ください。負担のかかっている筋肉の緊張をほぐすことで 骨盤や筋肉のバランスを整えていきます。また、リンパの流れが滞っていることも多いので、その流れをよくしていきます。人間の身体は70%がが水分でできていますので、筋肉や骨盤のバランスが整って体液の流れがよくなってくると、身体が正常に働き、痛みも軽くなってきます。

 また、同じ症状がおこらないようにするため、日常生活で注意することや自分でできる運動をアドバイスします。

 

整体について詳しくはこちら